1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 報道界ニュース
  4. 折込広告全国大会 販促よりブランド構築 消費者つかむ試み報告

折込広告全国大会 販促よりブランド構築 消費者つかむ試み報告

 折り込み広告は販売促進よりもブランド構築に最適―。折込広告全国大会で11月10日、折り込み広告の可能性が話し合われた。商品情報の中心の内容を転換することで、消費者の心をつかむ試みが報告された。

 東京都千代田区の都市センターホテルで開かれた。三越伊勢丹の寺島篤宣伝広告担当長は「読者の感情を揺さぶることを目指している」と述べ、折り込み広告はブランド構築の手段であるとの認識を示した。価格や詳しい情報はあえて掲載せず、QRコードからウェブサイトに誘導して紹介しているという。

 流通や小売業の専門誌「商業界」の笹井清範編集長は「折り込み広告は商品情報から、店舗の特徴や従業員の横顔を紹介するメディアに転換している。価格競争から脱却し、売り上げを伸ばした例もある」と指摘した。紙とデジタルメディアの特性に関する研究データを紹介した日本印刷技術協会の藤井建人主幹研究員も「記憶に残りやすく、理解が深まりやすいのはデジタルより紙。ブランド広告に向いている」と語った。

ページの先頭へ