1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 著作権団体の新組織発足 情報活用教育への対応協議

著作権団体の新組織発足 情報活用教育への対応協議

 新聞協会など37の権利者団体が参加する「教育利用に関する著作権等管理協議会」が12月2日に発足し、東京都港区の日本複製権センター会議室で初会合を開いた。座長に写真著作権協会の瀬尾太一常務理事を選任した。新聞協会からは編集委員会新聞著作権小委員会の上治信悟委員長(朝日東京)はじめ幹事5人が協議会の幹事となった。

 教育の情報化を巡り著作権法改正の議論が進む現状を踏まえ、権利者の許諾なしに著作物を利用できる範囲が拡大された場合の代償措置や権利処理の在り方、受け皿となる仕組み作りについて検討する。

ページの先頭へ