1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 写真から読み解く昭和 収集家・石黒氏が企画展でトークショー ニュースパーク

写真から読み解く昭和 収集家・石黒氏が企画展でトークショー ニュースパーク

 ニュースパーク(新聞博物館)で12月3日、写真収集家・石黒敬章氏のトークショーが開かれた。企画展「こんな時代があった 報道写真『昭和8年』」に合わせた催し。写真から読み取れる時代背景を巡る同氏の解説に73人が聞き入った。

 企画展は日本電報通信社が残した1933年の配信写真と外電写真を軸に構成。約140点を展示している。写真録は戦後に処分されたとみられていたが、石黒氏が一昨年発見した。

 アルバムには、普段車いすを使っていたルーズベルト米大統領が足に補助具を付けて会談に臨む写真が収録されている。当時、米国民のほとんどが大統領の下肢の障害を知らなかったと言われる。本人の意向に加え「報道側の『思いやり』も作用していたのではないか」と石黒氏は述べた。

 このほかナチス独裁に向かうドイツの報道写真、皇太子誕生に沸く日本国内の雰囲気を伝える写真などを紹介した。共同・ビジュアル報道局写真部の牧野俊樹氏が司会を務めた。

ページの先頭へ