1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 優秀賞の3人が着想語る 「私の提言」表彰式開く 広告委

優秀賞の3人が着想語る 「私の提言」表彰式開く 広告委

 新聞協会広告委員会が実施した第7回「私の提言―明日の新聞広告・新聞ビジネス」の表彰式が2月17日、事務局会議室で開かれた。優秀賞3人、入選4人の受賞者に記念の盾が贈られた。同日開かれた広告委員会で、優秀賞の3人が提案に込めた思いや着想のきっかけについて語った。

 新聞業界が取り組むべき認知症対策を提起した朝日東京メディア・ディレクターの神出亮氏は「新聞にとって認知症は読者の減少につながる経営上の問題でもある」と指摘する。NIEのように業界を挙げて対策を打つことが必要だと語った。

 北海道・営業本部の浜多一航氏は、地方紙の東京支社を活用した中小企業の採用支援策をまとめた。「地方では人手不足が続いている。ところが都会の人は地方には仕事がないと思っている。この行き違いを埋め、就労希望者と企業を支援したいと考えた」と述べた。地元企業千社に呼び掛け、すでに80社への支援が決まったという。

 地方紙による地域全体の観光マネージメントを提唱した中日東京・広告二部の山田一貴氏は「地元の外国人観光客を増やしたいと考えている方は声を掛けてほしい」と呼び掛けた。

第7回「私の提言―明日の新聞広告・新聞ビジネス」入賞作品一覧

ページの先頭へ