1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新取材ヘリに生中継設備 朝日 朝日放送と共同使用

新取材ヘリに生中継設備 朝日 朝日放送と共同使用

 朝日新聞社は4月13日、新たな取材ヘリコプター「あかつき」を4月下旬から稼働させると発表した。機体は伊丹空港に常駐する。動画の撮影・中継設備を搭載し、朝日放送と共同で使う。

 機体はイタリア・レオナルド社製AW169型。8人乗りで、動画撮影用の機外カメラとテレビ中継装置を搭載する。航続距離は約800キロ。朝日放送は、契約機が定期点検や整備で使えない間、代替機として使う。年間50日ほどを見込む。朝日から朝日放送への映像提供も想定する。

 朝日の航空機は小型ジェット1機、ヘリ5機となった。ジェット機とヘリ2機が羽田空港、あかつきを含むヘリ2機が伊丹に常駐する。福岡空港の「はつどり」は今年度中に引退する予定。別の機体を後継に置く。

ページの先頭へ