1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 学校図書館に新聞を 新聞協会など4団体が共同でPR冊子発行 

学校図書館に新聞を 新聞協会など4団体が共同でPR冊子発行 

 新聞協会など4団体は4月17日、学校図書館への新聞配備などを求める冊子を共同で発行した。地方議会議員や国会議員、自治体の首長らに送り、第5次「学校図書館図書整備等5か年計画」に基づく地方財政措置を使い、新聞や図書の配備、司書の配置などを充実させるよう訴える。

 タイトルは「学校図書館の出番です アクティブ・ラーニングの視点に立った学びに向けて」。文字・活字文化推進機構、全国学校図書館協議会、学校図書館整備推進会議と連携し4万部製作した。

 次期学習指導要領が柱とする「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」の実践には学校図書館の役割が大切だとし、新聞や書籍、統計資料などの充実が必要だと記した。判断力や読解力を養う新聞の読み比べは主権者教育にも有効だと指摘。複数紙を置く重要性も訴えた。問い合わせ先は学校図書館整備推進会議(電話03・3267・3791)。

 新聞協会は併せて、学校図書館を軸とする新聞活用事例の紹介リーフレットも作った。冊子に添え加盟各社に送り、地方議会などへの働き掛けを呼び掛ける。

ページの先頭へ