1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 定款変更で理事48人に 副会長は岡田(日経)、山本(中国)、川崎(西日本)の3氏【会員総会】【理事会】

定款変更で理事48人に 副会長は岡田(日経)、山本(中国)、川崎(西日本)の3氏【会員総会】【理事会】

 新聞協会は6月21日、第116回定時会員総会をプレスセンターホールで開いた。理事の定数を「38名以上48名以内」とする定款変更を承認し、理事48人・監事5人を改選した。引き続き開かれた第830回理事会で、白石興二郎会長(読売)を再任した。副会長には、新たに岡田直敏(日経)、川崎隆生(西日本)の両理事を選任し、山本治朗理事(中国)を再任した。

白石会長(読売)再任

 総会に先立ち開かれた第829回理事会では、15日の中国地区新聞販売改革推進会議に関する報告、新聞広告の色見本基準「NSAC(日本新聞アドカラー)」の更新に関する報告などを了承した。

 総会では定款変更の承認後、2年の任期満了に伴い理事・監事を改選した。新任の理事として、渡辺雅隆(朝日東京)、飯塚浩彦(産経東京)、大久保好男(日本テレビ)、髙橋雄一(テレビ東京)、溝口烈(読売大阪)、広瀬兼三(北海道)、平井龍司(四国)、町川安久(宮崎日日)、豊平良孝(沖タイ)の各氏を選出した。

 五阿弥宏安(福島民友)、才木邦夫(長崎)の両氏が新たに監事となった。このほか2016年度の決算を承認、事業、公益目的支出計画実施報告書を了承した。  

 総会終了後、新役員による理事会を開き、会長に白石氏を、副会長に岡田、山本、川崎の3氏を選んだ。川嶋明専務理事も再任した。

 白石会長は、運営委員会委員を副会長3氏と渡辺(朝日東京)、朝比奈豊(毎日東京)、山口寿一(読売)、飯塚(産経東京)、広瀬(北海道)、一力雅彦(河北)、小坂壮太郎(信濃毎日)、小出宣昭(中日)、高士薫(神戸)の各理事に委嘱した。特別委員会の委員長は渡辺(販売改革)、朝比奈(再販対策)、岡田(税制対策)、飯塚(倫理)、一力(災害対策)、山口(博物館)の各運営委員が務める。

事務局長に西野氏

 第830回理事会では併せて、西野文章・前株式会社日本プレスセンター専務取締役を理事待遇・事務局長に任命する人事を承認した。

ページの先頭へ