1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 未契約者も対象の同時配信実験に懸念 NHKに新聞協会

未契約者も対象の同時配信実験に懸念 NHKに新聞協会

 新聞協会メディア開発委員会は6月27日、NHKのインターネット同時配信実験拡充案に対する意見を同局に提出した。受信料を財源とする実験に未契約者を加えることについて、契約者の不公平感を強めかねないと指摘した。NHKの意見募集に応じた。

 NHKは常時同時配信の需要を探るため、テレビを持たない層を実験の参加対象に加えたいとしている。メディア開発委は意見書で「『テレビ離れ』が指摘される中、受信機を持たない層について需要を調べることは重要だ」とした上で、実験とはいえNHKの未契約者に無料でサービスを提供することは「契約者の不公平感を強める恐れがある」と記した。受信料制度の趣旨を損なわない同時配信の在り方を示すよう求めた。

 NHKは実験の中で、放送中の番組をさかのぼって確認できる「早戻し配信」も試みたいとしている。意見書ではこうした手法の拡充も、動画配信市場の公正な競争に影響しかねないと伝えた。受信料を原資としたサービスで民放事業者との健全な競争を損なわないよう配慮を求めた。

 NHKは経営委員会の審議を経て、総務相に認可を申請する方針。

意見全文はこちら

ページの先頭へ