1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 初のドローン自粛要請 国交省 九州北部豪雨で

初のドローン自粛要請 国交省 九州北部豪雨で

 国土交通省は7月6日、九州北部の豪雨災害に伴い、福岡県の朝倉市、朝倉郡東峰村、大分県日田市と周辺の空域を対象に小型無人機(ドローン)を含む航空機の飛行自粛要請(ノータム)を出した。ドローンに対する自粛要請は初めて。7日に解除された。

 国交省はいったんノータムの有効期間を10日まで延長したものの、7日午後5時30分ごろに解除した。

 ノータム解除後、陸上自衛隊は救援機の安全を確保するための「航空交通情報」の提供を始めた。対象は朝倉市周辺と日田市周辺。国交省はこれに併せて、ドローンの不要不急の飛行は控えるよう要請した。報道機関の取材などやむを得ない場合は、陸自に連絡するよう求めた。

 航空情報の提供は日田市は13日正午まで、朝倉市は17日現在も続いている。

ページの先頭へ