岐阜、夕刊を9月末で休刊

 岐阜新聞社は8月9日付朝夕刊で、10月2日付から夕刊を朝刊に統合すると社告した。共働き家庭の増加やメディアの多様化で夕刊の読者数が減り「一定の役割を終えた」とした。夕刊は9月30日付を最後に休刊する。

 夕刊の企画は朝刊に移す。月決め購読料は現在の朝刊と同じ2982円(税込み)とする。

 発行体制の変更について小林清総務局長は「販売所の雇用確保が難しくなっている。配達網を維持する目的もある」と述べた。ABC協会の調べによると、夕刊の発行部数は今年6月時点で1万7499部だった。

ページの先頭へ