1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 各社の会員ページに被害 大規模ネット障害で

各社の会員ページに被害 大規模ネット障害で

 8月25日正午過ぎから、国内各地でインターネットにつながらない障害が起きた。米グーグルが翌日、ネットワークの設定を誤り障害を招いたとする声明を出し、謝罪した。共同通信社が加盟社の会員制ウェブサイトや電子版向けに提供している「会員管理・課金システム」も通信障害に見舞われ、導入する新聞各社のサイトで一時、会員がログインできなくなるなどの影響が出た。

 共同によると、KDDIの回線を使う管理・課金システムに障害が起きたのは25日午後0時24分。午後4時前に復旧したという。システムを取り入れる全新聞社に障害の発生と復旧をメールで伝えた。

 毎日、山形、下野、山梨日日、信濃毎日、中日・東京、北日本、福井、神戸、山陽、新日本海、西日本などの電子版や会員制サイトに影響が出た。各社は通信障害でログインできない旨トップページに表示。会員にメールで知らせた社もあった。

 毎日、山梨日日、信濃毎日、神戸、山陽は一時的に認証機能を外した。東京、北日本、福井、新日本海、西日本は電子版のコンテンツを一部開放した。

 山形はシステムを運用するサーバーに負荷がかかり、復旧が午後10時20分ごろまでずれ込んだ。神戸は一時、記者のパソコンがインターネットにつながらずメールを送受信できなくなった。25日付夕刊や翌日付朝刊の製作には影響がなかったという。

ページの先頭へ