1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 経産相に施錠撤回要請へ 「取材と報道」改訂を了承【編集委員会】

経産相に施錠撤回要請へ 「取材と報道」改訂を了承【編集委員会】

 第782回編集委員会は8月31日、事務局会議室で開かれ、経済産業省の事務室施錠撤回を世耕弘成大臣に申し入れることを決めた。書籍「取材と報道」の改訂と「匿名発表に関する実態調査」結果、秋の叙勲・褒章などの報道協定、第59次南極地域観測の取材・報道に関する申し合わせを了承した。

 2月からの経産省の事務室施錠に対し、経済産業記者会は撤回と取材対応の改善を求めてきた。経産省は応じておらず、委員会として対応することとした。

 「取材と報道」の改訂作業は下部の編集小委員会に委嘱する。今年度内の発行を目指す。現行の4版を刊行した2009年以降の個人情報保護法改正などを盛り込む。

 「匿名発表に関する実態調査」は、公的機関の個人情報の開示状況を把握するために毎年実施している。取材・報道に著しく問題があった事例、匿名発表・非公表が目立った機関、折衝により対応が改善した事例を尋ねた。

 南極地域観測隊への同行希望はなかった。観測隊の取材窓口は土井浩一郎隊長、越冬隊の窓口は木津暢彦隊長が務める。

 平成29年度新聞協会賞編集部門の選考に関する報告を了承した。「ニュース」部門2件、「写真・映像」部門1件、「企画」部門1件を推薦する。9月6日の選考委員会で決定され、10月17日に広島市で開く第70回新聞大会式典で授賞する。

ページの先頭へ