1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 犬猫遺棄問題で広告コンテスト 最優秀賞は「カワイイ?」 新聞協会

犬猫遺棄問題で広告コンテスト 最優秀賞は「カワイイ?」 新聞協会

 新聞協会は10月4日、2017年度新聞広告クリエーティブコンテストの入賞作5点を発表した。最優秀賞は東京アドデザイナース・平沢佳子氏(代表)の「カワイイ?」に贈る。迫力あふれる猫の表情に「『カワイイ』ばっか言ってんじゃねェ。」とのコピーを重ねた。「動物を飼うことは命に関わることだと警鐘を鳴らしている」「世の中のカワイイ志向と、捨て犬・捨て猫問題。二つの事象を一つのメッセージに昇華している」などと評価された。

 今年度のテーマは「捨て犬・捨て猫問題」。1127点の応募があった。副田高行氏ら第一線のクリエーター5人と広告委員会の正副委員長の計9人が審査した。20日に東京都千代田区の帝国ホテルで開く第60回「新聞広告の日」記念式典で贈賞する。

 最優秀作品を紹介する広告(全15段カラー・モノクロ)、入賞5作を収録した広告(全15段カラー・モノクロ、全5段モノクロ)は新聞協会会員各紙に随時掲載される。

 入賞作と最終選考に残った11点はウェブサイト「新聞広告アーカイブ」に掲載するほか、12~21日までプレスセンタービル1階に展示する。入賞作はニュースパーク(新聞博物館)でも11月1日から18年4月1日まで展示する。

 最優秀以外の入賞作は次の通り(敬称略)。

 優秀賞「殺処分を、見に行こう。」メディアハウスクリエーション・柳元良(代表)▽コピー賞「インターネットで知り合いました。」電通東日本・竹内希光(代表)▽デザイン賞「名前をつけたときの愛を、もう一度。」電通・辻岡翔(代表)▽学生賞「捨てるくらいなら 食べてくれ」石野謙介(大阪大院)

ページの先頭へ