1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 配達エッセーコンテスト 最優秀賞受賞者ら表彰

配達エッセーコンテスト 最優秀賞受賞者ら表彰

 新聞協会販売委員会の「第24回新聞配達に関するエッセーコンテスト」の表彰式が10月14日、プレスセンターホールで開かれた。「大学生・社会人」「中学生・高校生」「小学生」各部門の最優秀賞と審査員特別賞の受賞者が、受賞の喜びや新聞配達への思いを語った。

 最優秀賞を受賞したのは、新潟市の青山未花子さん(24)、青森県八戸市の柳谷杏那さん(13)、広島県庄原市の糸原愛理さん(12)。

 新聞奨学生だった青山さんは、最後の配達日に玄関先で待っていた人から初めて手紙をもらった喜びをつづった。「新聞を読者に届ける最後の過程を担うことは誇りだった。周囲の支えがあったから続けられた」と振り返った。

 柳谷さんは祖母が幼い母親を背負い新聞配達をしていたエピソードを紹介。ポストに新聞が届く音を聞くと、配達先や同僚に励まされたとの祖母の話を思い出すと記した。「このエッセーから地域の人の温かさを感じてほしい」と話した。

 糸原さんは大雪の中、日中に歩いて新聞を届けてくれた配達員への感謝を作品にした。「新聞が届くことを何とも思っていなかったが、配達員の苦労を初めて知った」と述べた。

ページの先頭へ