1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞広告は読者に感動与えるアート アド協理事長「知恵集め可能性探る」 《広告の日式典》 

新聞広告は読者に感動与えるアート アド協理事長「知恵集め可能性探る」 《広告の日式典》 

 第60回「新聞広告の日」記念式典が10月20日、東京都千代田区の帝国ホテルで開かれ、新聞社や広告主企業、広告会社などから600人が出席した。新聞協会の白石興二郎会長(読売)は「新聞広告は読者に感動を伝えるアートだ。環境は厳しいが、今後も新聞社の機能と総合力を生かして広告主の要望に応えていく」とあいさつした。第37回新聞広告賞、2017年度新聞広告クリエーティブコンテストの贈賞式に続き、広告賞受賞者によるプレゼンテーションを聞いた。

 来賓として出席した全日本広告連盟の大平明理事長(大正製薬ホールディングス取締役相談役)は「世界でフェイクニュースという言葉があふれているが、日本では信頼性の高いメディアとして新聞広告の影響力は高い」と述べた。広告業協会の成田純治理事長(博報堂取締役相談役)も「新聞大会に出席し、新聞の持つ社会性や正確さが重要だと痛切に感じた。信頼性の高い媒体で真実を伝え有益な情報を届けることが広告の役割だ」と話した。

 アドバタイザーズ協会の伊藤雅俊理事長(味の素代表取締役会長)はインターネットメディアの存在感が高まる中「アドバタイザーも知恵と力を結集し新聞広告の可能性を生かす研究に努める」と話した。NIEやデジタル連動事業など若い世代への訴求に取り組む新聞社の姿勢について「新たなチャレンジを着実に進めている」と評した。

 新聞広告大賞を受賞した東京都交通局の「思い出ガタゴト 東京都電diary」は、都電の歴史を語り継ごうと読者からエピソードを募集。500超の応募から選んだ50編。17年2月まで東京新聞に新聞小説形式で掲載した。

 山手斉交通局長は「寄せられた思い出は都民の貴重な財産。おもてなしの心とプライドを持って今後も安全で快適な運行に努める」と語った。プレゼンテーションでは広告掲載までに読者の話を電話で追加取材したり、勤続40年の交通局職員が資料や記憶を基に事実を確かめたりしたエピソードを披露した。

 中国新聞社の山本勇貴広告営業部主任は、新聞社企画部門の本賞を受賞した「『カープ』コンテンツを活用したパーソナルアドと特別号企画」の内容を紹介した。入金確認の手続きが煩雑な個人広告にクレジットカード決済を取り入れ効率化したことで「全国のカープファンを対象にした新たなビジネスモデルになった」と述べた。

 クリエーティブコンテストの贈賞式では、最優秀賞の東京アドデザイナース・平沢佳子さん(制作者代表)に賞状が手渡された。審査委員長の副田高行氏(アートディレクター)は講評で「やや低迷する新聞広告に一石を投じる『影響力のある作品を』との思いで選考した」と述べた。

ページの先頭へ