1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 新聞7社、配信で協力 アマゾンエコー日本上陸

新聞7社、配信で協力 アマゾンエコー日本上陸

 アマゾン日本法人は11月8日、人工知能(AI)が人の声を認識してニュースを読み上げたり、音楽を流したりするスマートスピーカー「アマゾンエコー」を発売すると発表した。朝日、毎日、読売東京、日経、日刊スポ、静岡、四国がニュース配信で協力する。

 アマゾンエコーは独自のAI「アレクサ」を搭載する。「ニュースを教えて」と呼び掛けると、登録した各社の記事を読み上げる。

 新聞7社のほか、NHKや民放キー5局、東京MX、朝日放送がニュースや番組情報を配信する。ニッポン放送やTBSラジオ、インターネットラジオの「radiko(ラジコ)」や「ラジオクラウド」も聞くことができる。

 価格は1万1980円(税込み)。8日から注文を受け、13日以降順次出荷する。音楽再生やスケジュール確認、部屋の照明を制御する機能もある。

ページの先頭へ