1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 成人雑誌の販売中止へ ミニストップ 全国で2018年から

成人雑誌の販売中止へ ミニストップ 全国で2018年から

 コンビニチェーンのミニストップ(千葉市)は11月21日、来年1月1日から全国2245店で成人向け雑誌の販売をやめると発表した。千葉市内では12月1日から先行実施する。「女性や家族連れが安心して入れる店作りの一環」(ミニストップ広報部)としている。

 対象は各都道府県の有害指定図書や類似する雑誌類を想定。親会社イオン(千葉市)傘下の未来屋書店なども取り扱いを中止する。

 ミニストップは販売中止を決めたきっかけに、千葉市が提起したコンビニの成人誌陳列対策を挙げた。同市は今年、コンビニ各社に成人誌の表紙をカバーで隠す試験事業への協力を要請した。現場の負担増などを理由に各社が拒否した。

雑協が懸念表明

 雑誌協会は「『成人誌』の基準があいまいな上、どういった内容の雑誌が対象になるかが不明確な点を危惧する」との談話を出した。

ページの先頭へ