1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 歴史展示と教育連携強化 博物館の事業計画了承【理事会】

歴史展示と教育連携強化 博物館の事業計画了承【理事会】

 第836回理事会は12月13日、事務局会議室で開かれ、ニュースパーク(新聞博物館)の2018年度事業計画に関する報告を了承した。新聞の歴史を伝える展示の充実と所蔵資料の活用、教育連携の強化と学校向けプログラムの開発を軸に集客増を図る。

 ニュースパークは小中学生向けの展示が成果を上げる一方、高校・大学生、大人の来館が減っている。来館者や高校関係者・大学研究者から、報道の自由の重みや新聞史が体系的に分かる展示を求める声が強いことから、博物館特別委員会と下部のプロジェクトチームで常設展示の在り方を検討する。一部改修も視野に入れる。新聞協会賞に関する展示も強化し各社の研修にも活用してもらう方針。

 教育連携では新学習指導要領を念頭に置いたプログラム開発や大学の教員免許状更新講習との提携に取り組む。旅行会社と協力し修学旅行の誘致も図る。

 事務局改革については、職員の人事や考課の公正さを担保するための人事委員会の設置、新聞協会発行の出版物に関するアンケート実施を了承した。

 南日本新聞社から申し出のあった佐潟隆一代表取締役社長への理事変更に関し、書面で決議することを決めた。

ページの先頭へ