1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. AIと報道・早大院シンポ 負担減で遊軍機能強化 データ処理で取材支援

AIと報道・早大院シンポ 負担減で遊軍機能強化 データ処理で取材支援

 人工知能(AI)の進化がもたらすジャーナリズムの将来像を議論するシンポジウムが12月17日、早大大隈小講堂(東京都新宿区)で開かれた。AI導入の利点は、記者の作業負担軽減による遊軍機能の強化だとの見方が示された。将来的には大量のデータ処理が得意なAIと、問題を見極める能力に強みを持つ記者の協業が報道の価値を高めるとの声もあった。

 早大ジャーナリズム大学院などが主催した。朝日の平和博IT専門記者は「横のデータを縦にするような作業を機械に任せ、新たなニュースの発見や、深掘りした記事の執筆に集中できる」と解説。決算記事の自動化で記者の労働時間を20%削減したAP通信の例を紹介した。

 ジャーナリストの津田大介氏も単純作業をAIに任せることで、遊軍記者が増員できると期待を寄せた。科学など専門性の高い分野では大学の研究室など取材先との時間をかけた関係作りが特に重要だとし「遊軍を増やすことで、報道の多様性が確保できる」と述べた。

 一方、龍谷大の畑仲哲雄准教授は「記者は日々数字を追いかけることで、深い洞察を得られる」と指摘。記者教育の観点から、単純作業を機械に任せることに疑問を投げ掛けた。

 AIは自動執筆にとどまらず人手によるチェック作業の代替も期待される。津田氏は報道各社のデジタル発信強化に伴い、デスクの負担が増していると指摘。「校閲、校正の自動化は効果は大きい」と話した。平氏は米ニューヨーク・タイムズがウェブサイトのコメント欄の巡回にAIを導入し、憎悪表現を探知している事例も参考になるとした。

 記者とAIの「共同作業」にも議論が及んだ。平氏は問題提起に強みを持つ記者と、大量のデータを処理できるAIが力を合わせると付加価値の高い仕事ができるのではないかと話した。

 津田氏は、記者会見取材でAIが瞬時に相手の発言や事実関係の間違いを見つけ、記者がその場で追及することも可能ではないかと語った。「AIと人間の協業がジャーナリズムを強化するだろう」と述べた。

 畑仲氏はAIが浸透しても記者の体験の重みは変わらないとの考えを示した。「例えば沖縄のジャーナリストには、現地で生活しているからこそ生まれる視点がある。技術が進展しても、市民社会が信頼するのはそういう視点から生まれる記事だ」と話した。

ページの先頭へ