1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 北上製紙、7月で事業撤退 国内の新聞用紙製造 6社に

北上製紙、7月で事業撤退 国内の新聞用紙製造 6社に

 日本製紙は1月16日、新聞用紙や段ボール原紙を手掛ける子会社の北上製紙(岩手県一関市)が7月末で事業から撤退すると発表した。中国で需要が高まり古紙価格が高騰。この影響などで4期続けて営業赤字となり、事業継続は難しいと判断した。国内で新聞用紙を製造するのは6社となる。

 北上製紙の新聞用紙生産量は年間約1万トンで、日本製紙の生産規模の約1%。日本製紙は代替生産などを検討する。

 北上製紙は2017年3月期の売上高が54億円、純損益は16億円の赤字だった。

ページの先頭へ