1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 雑誌販売額減、初の1割超 出版科研17年推計 電子出版の成長鈍化

雑誌販売額減、初の1割超 出版科研17年推計 電子出版の成長鈍化

 出版科学研究所は1月25日、2017年の出版市場動向を発表した。紙の出版物(書籍・雑誌)の推定販売金額は前年比(以下同)6.9%減の1兆3701億円だった。雑誌は10.8%減の6548億円。減率が1割を超えるのは初めて。ヒット作がなかった漫画の落ち込みが響いた。電子出版物の販売額は16.0%増の2215億円だった。伸び率は前年から11.1ポイント縮小した。

 雑誌販売額の内訳をみると、月刊誌が11.1%減の5339億円、週刊誌は9.2%減の1209億円だった。ジャンルを問わず落ち込みが続く中、グッズ付録付きの女性向け美容誌は好調を維持した。

 雑誌の集計に含む漫画の販売額は約13%落ち込んだ。柴田恭平研究員は「16年に完結した人気作に続くヒットが生まれなかったため」とみる。書店に電子コミックの人気タイトルを集めた棚を設け、紙の売り上げ増を狙う動きも進んでいるという。

 ただし電子と合わせた漫画の市場規模は約3400億円で、ほぼ前年並み。柴田氏は「電子版が利便性を生かし着実に伸びている。明らかなコミック離れとは言えない」と話す。

 新聞社系週刊誌の推定発行部数は9.3%減。出版社系(4.4%減)より減り幅が大きかった。

 書籍の販売額は3.0%減の7152億円だった。文庫本やビジネス書はベストセラーが少なく苦戦した一方、児童書や学習参考書は伸びた。久保雅暖研究員は「学習指導要領の改定など学習環境の変化により、教育分野はさらに伸びるだろう」と述べた。

 電子出版物市場は成長が続くものの柴田氏は「成熟期に差し掛かった」とみる。漫画、雑誌の過去発行分の電子化が一段落し、バックナンバー目当ての読者層の増加が落ち着いたという。

 全体の4分の3以上を占める漫画は17.2%増の1711億円、書籍は12.4%増の290億円。雑誌は12.0%増の214億円だった。いずれも成長率が鈍った。

 電子雑誌はNTTドコモの定額制読み放題サービス「dマガジン」が高いシェアを維持する。ただしドコモが総務省の行政指導を受け携帯電話の店頭販売方法が見直されて以来、会員数は減少傾向にあるという。

ページの先頭へ