1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 過去最大幅の5.1%減 販売所従業員数30万909人 販売委調べ

過去最大幅の5.1%減 販売所従業員数30万909人 販売委調べ

 新聞協会販売委員会はこのほど、全国新聞販売所従業員総数調査の結果をまとめた。2017年10月1日現在の総数は前年比(以下同)5.1%減の30万909人だった。減率は過去最大。前年からさらに0.9ポイント広がった。人数でみると1万6107人減った。

 調査は54回目。所長とその家族は集計していない。ただし配達などの業務に従事し、賃金の支払いを受ける家族は含む。

 全体の99.5%を占めるおとな従業員は5.0%減の29万9544人だった。就労形態別にみると、最も減率が大きいのは専業従業員で7.9%減の4万9184人。副業従業員は4.3%減の24万6108人、学生は7.0%減の4252人だった。

 新聞少年は22.0%減の1365人。内訳は中学生が26.2%減の321人、高校生は20.7%減の1044人だった。

 従業員総数に占める就労形態別の構成比をみると、副業が81.8%(0.6ポイント>増)で最も多い。専業は16.3%(0.5ポイント減)。学生は前回と変わらず1.4%、新聞少年は0.1ポイント減の0.5%だった。

 性別の構成比は、男性が58.3%、女性が41.7%だった。男性が0.2ポイント増えた。

 外国人従業員は2.4%減の2380人。全体に占める割合は0.8%で前回と変わらなかった。

 販売所の数は1万6378店。前年から353店(2.1%)減った。1店舗当たりの平均従業員数は0.5人減の18.4人だった。

ページの先頭へ