1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 産経、取材不十分で記事削除 沖縄事故 地元2紙に謝罪

産経、取材不十分で記事削除 沖縄事故 地元2紙に謝罪

 産経新聞社は2月8日付朝刊に、沖縄市で起きた交通事故に関する報道の取材が不十分だったとしておわびを掲載した。本紙とウェブサイトの記事を削除した。「米兵が横転した車両から日本人男性を救助した後、後続車両にはねられた」と伝えたものの、再取材で確認できなかった。産経はこの情報を報じなかった沖タイと琉球を批判していた。「行き過ぎた表現があった」として両社に謝罪した。

 問題となったのは昨年12月1日に沖縄市で起きた交通事故の報道。米海兵隊曹長が後続車にはねられ、一時意識不明の重体となった。産経は9日にウェブサイトで記事を配信。12日付朝刊でも伝えた。

 産経の検証記事によると、那覇支局長は米兵の行動がインターネット上で賞賛されているとの情報を得て海兵隊に取材した。「別の運転手が助けを必要としているときに救った曹長の行動は海兵隊の価値を体現したもの」との回答に基づき記事化した。沖縄県警には取材しなかった。

 その後の再取材に海兵隊側は「目撃者によると、曹長は事故に巻き込まれた人のために何ができるか確認しようとして車にはねられた」「実際に救出活動をしたということは確認できなかった」と答えたという。一連の記事では地元2紙について、米兵による日本人救助を伝えなかったとして「『反米軍』色に染まる地元メディアは黙殺を決め込んでいる」と批判していた。

 8日付朝刊には乾正人執行役員東京編集局長の談話も載せた。記者教育の徹底とともに「出稿体制を見直し、記事の信頼性向上に努める」とした。関係者の処分は「今後検討する」(広報部)という。

 沖タイは産経のおわびについて「報道機関として評価する」(石川達也執行役員編集局長)との談話を出した。琉球の普久原均編集局長も「事実を検証し、取材の不十分さを認めて、率直にわびた姿勢には敬意を表する」とのコメントを出した。

ページの先頭へ