1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. マスコミに是正勧告示唆 東京労働局長 会見で発言、直後に謝罪

マスコミに是正勧告示唆 東京労働局長 会見で発言、直後に謝罪

 東京労働局の勝田智明局長が3月30日の定例会見で、記者に対し「皆さんの会社に行って、是正勧告してあげてもいい」と発言していたことが分かった。同日夜に「不適切な発言だった」として謝罪し、発言を撤回した。報道各社への脅しではないと釈明した。

 各紙の報道と厚生労働省によると、問題の発言は野村不動産への特別指導について質問した記者とのやり取りの中で出た。勝田局長は真意を問われ「多くのマスコミでも違反がないわけではない」と説明。報道機関への脅しかと問われると「そうではない。いろんな会社が是正勧告を受けていると言いたかった。言葉足らずで申し訳ない」と謝罪したという。

 会見後、厚労省の蒲原基道事務次官が勝田局長を厳重注意。勝田局長は同日夜、会見に出席した記者に対し「おわびし発言を撤回する」とのコメントを出した。4月2日には記者団に「分かりやすく言おうと思って舌が滑った」と再度釈明した。加藤勝信厚労相は3日の会見で「監督指導にあたる局長の発言として不適切だ」と述べた。

ページの先頭へ