1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 同僚射殺の19歳巡査名公表 身柄確保後匿名に 滋賀県警

同僚射殺の19歳巡査名公表 身柄確保後匿名に 滋賀県警

 滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で4月11日午後7時47分ごろ、この交番に勤務する男性巡査部長(41)が同僚の男性巡査(19)に射殺される事件が起きた。県警は一時、容疑者として男性巡査の実名と顔写真を報道機関に公表した。少年法で保護される未成年ながら「拳銃を所持したまま逃走しており、住民への危険性を考慮し、緊急性、重要性が大きいと判断した」と説明。容疑者の身柄を確保した後は匿名発表に切り替え、報道機関にも実名を報じないよう口頭で要請した。

 県警によると、所在不明の容疑者が拳銃を持っている可能性があったため、報道対応に当たっていた四谷尚佳総務課長が同日午後11時ごろ、巡査の実名を発表。12日未明に顔写真を公開した。

 12日午前1時55分、身柄確保を伝える広報文で「地方公務員 甲19歳男性」と匿名発表に切り替えた。記者に対し、実名報道を控えるよう求めた。容疑者逮捕の広報文では「地方公務員(警察官)」と記載した。

 読売は一部地域の12日付朝刊で、巡査の実名と顔写真を掲載した。「おことわり」で、少年法の理念に沿い匿名が原則とした上で「拳銃を持ったまま逃げているとみられ、他人を害する危険性がある」と理由を説明した。同日付夕刊で、「逮捕され他人を害する危険性がなくなった」として匿名に切り替えた。

 朝日も関西地方の一部地域などで実名と顔写真を載せた。12日付大阪本社版朝刊の「おことわり」で、容疑者が逃走している恐れがあり「県警が住民に注意を呼び掛けている」ことを理由に挙げた。身柄確保を受け、同日付夕刊から匿名で報じた。

ページの先頭へ