1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 海賊版サイト遮断促す 通信の秘密侵害の懸念も 政府が緊急対策

海賊版サイト遮断促す 通信の秘密侵害の懸念も 政府が緊急対策

 政府は4月13日の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で、インターネット接続業者に対し、漫画や雑誌を無料で読める「海賊版サイト」への接続遮断を促す緊急対策を決めた。著作権侵害を防ぐことが狙い。通信の秘密が侵されるとの指摘に対し、菅義偉官房長官は会見で「あくまで臨時的な措置だ」と強調した。

 接続遮断の対象とする海賊版サイトは「漫画村」「Anitube」「Miomio」と、これらと同一とみなしたサイトに限定。併せて法的根拠を明確にするための制度整備を検討するとしている。

 同日午前の官房長官会見では、記者から「一部の専門家や業界からは反対や慎重論が根強いが、政府としてどのように理解を求めていくのか」との質問が出た。菅氏は「通信の秘密や表現の自由の観点で懸念の声があるのは承知している。あくまで法制度が整備されるまでの臨時的、緊急的な措置として、民間事業者に自主的な取り組みを要請する」と述べた。

政府対応を歓迎 出版界

 日本雑誌協会や日本書籍出版協会など出版関連9団体で作る「出版広報センター」は4月13日、海賊版サイトへの政府の緊急対策を歓迎する声明を発表した。政府が著作権侵害を「わが国のコンテンツ産業の基盤を揺るがす重大な問題と認識していることを示すものだ」と評価した。その上で、海賊版サイトのリンクを貼って利用者を誘導する「リーチサイト」の違法化や接続遮断を含めた法制度の整備を要望した。

 集英社も同日、政府の決定を「大きな前進と考える」とする声明を発表した。KADOKAWAも「これを機に接続遮断を含めた法制度が整備されることを希望する」との声明を出した。

ページの先頭へ