1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 記者団5人来日 日中交流計画

記者団5人来日 日中交流計画

 第36回日中記者交流計画で4月24日、中国記者団5人が来日した。テーマは「日中両国の世論の改善とメディア協力の在り方」。翁翔団長(中国青年報社・副総編集長)は初日の歓迎レセプションで「日本社会が中国の台頭をどう考えているか知りたい」とあいさつした。

 新聞協会国際委員会の立野純二委員長(朝日・論説主幹代理)は「日中平和友好条約を結んでから今年で40年。この節目に日中が協力できることをうれしく思う」と語った。交流計画は新聞協会と中華全国新聞工作者協会の共同事業。記者団は28日まで、日経、NHK、共同、西日本、RKB毎日放送を視察した。

ページの先頭へ