1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 五輪で新聞接触 「開会から」4割 広告委調査

五輪で新聞接触 「開会から」4割 広告委調査

 新聞協会広告委員会は5月31日、五輪・パラリンピックに関心がある人を対象にした「新聞オーディエンス調査+(プラス)」の結果を発表した。冬季平昌大会では、新聞社発の情報を「普段よりよく見た」と答えた人が71.7%に上った。40.4%の人が開会式から接触が増えたと答えた。

 今年3月、事前調査でこれまでの五輪・パラリンピック期間中に「新聞情報に触れる機会が増えた」と答えた全国の15~69歳の男女951人にインターネットで尋ねた。

調査結果はこちら

ページの先頭へ