1. 日本新聞協会トップページ
  2. すべてのヘッドライン
  3. 衆院選の翌日に最も接触高まる 365調査、6か月集計

衆院選の翌日に最も接触高まる 365調査、6か月集計

 新聞協会広告委員会は5月31日、「新聞オーディエンス調査365」の6か月間の集計結果を発表した。調査を始めた2017年10月から今年3月までの間で新聞社発の情報への接触が最も高まったのは、衆院選翌日の17年10月23日だった。男子フィギュアスケートの羽生結弦選手が五輪連覇を達成した翌日の今年2月18日が続いた。

 調査は新聞を月に1回以上読む18~69歳の男女300人が対象。普段と比べた接触の増減と、印象に残った新聞広告を尋ねた。

集計結果はこちら

ページの先頭へ