1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2006年2月号(No.655)

『新聞研究』目次 2006年2月号(No.655)

匿名社会と向き合うメディア

市民社会の危機に本格的な取り組みを
急がれる現場取材の理論化と記者訓練 ... 梓澤 和幸(弁護士)
実名発表は責任ある報道に不可欠
被害者・遺族取材で明らかになった課題 ... 小泉 敬太(毎日東京)
紙上で異議唱えたキャンペーン
デメリットを読者に提示し危機感を共有する ... 藤田 和之(読売東京)
メディア側にも反省点はなかったか
取材の足腰鍛え、読者を味方につける ... 吉永 亮治(南日本)
今、まず我々メディア人がすべきこと
犯罪被害者・家族の声を聞いて考える ... 下村 健一(テレビキャスター)
問われるメディアの説明責任
集団的過熱取材への対応をめぐって ... 五阿弥 宏安(読売東京)
力士と一緒に相撲を取る
土俵人生に立ち会う記者の醍醐味 ... 田井 弘幸(共同)

調査報道の力Ⅱ

私情に負けない真の記者魂を
事実に基づく「物の見方」から見えてくるもの ... 櫻井 よしこ(ジャーナリスト)
新聞の命をともし続けたい
「不正・不合理に挑む」実践にあたっての留意点 ... 粕谷 卓志(朝日東京)
タブーのない取材で報じる真実
「CM間引き」と「指南書」問題を通じて考える ... 宮崎 昌治(西日本)
〈2005年マスコミ関係判例回顧〉
名誉棄損の免責に関する判断を中心に ... 山口 いつ子(東京大大学院)

連載

〔特派員万華鏡〕試練の時期を迎えたフランス
EUの盟主国が揺れている ... 小泉 陽一(フジテレビ)
〔ザ・ショット〕夕景の筑紫次郎
二年越しのヘリ取材でとらえた大河 ... 足立 浩史(読売西部)
〔前線記者〕 「おらがチーム」がJ1昇格
手厚い報道で快挙支える ... 望月 誠司(山梨日日)
地方紙社説・論説総覧
地方からこの国の今を見る(2005年12月)新聞協会審査室
〔わが支局 わが日々〕
「きしみ」が聞こえる ... 杉森 秀房(東愛知・新城支局)

随想

ハンセン病療養所を訪ねる旅 竹内 希六(新潟)
お気楽IT考 福田 伸裕(佐賀)
大みそかの奇祭 吉村 義幸(桐生タイ)
関西旋風 横田 耕治(大阪日刊スポ)

データ&リサーチ 日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2005年)
ブックレビュー
新聞日誌(2005年12月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ