1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2006年4月号(No.657)

『新聞研究』目次 2006年4月号(No.657)

新聞の公共性を考えるI

「言論の自由」は国民への奉仕のため
アメリカの歴史からその必要性を考える ... 明石 紀雄(筑波大)
新聞は生き残る必要があるのか
ジャーナリストの存在意義を憲法学的見地から考察する ... 駒村 圭吾(慶應大)
公共性の所在とその意味
現場に徹したバランス感覚で歴史つむぐ報道を ... 桂木 隆夫(学習院大)
フランスに見る国家助成の考え方
長い伝統に培われた多種多様な制度 ... 曽我部 真裕(京都大)
ネット社会で求められる新聞の役割
既存メディアのジャーナリズムに新たな公共性の展開を ... 成田 康昭(立教大)
誰のために書くのか
高知新聞流「記者公僕論」 ... 依光 隆明(高知)

豪雪下の新聞発行

ドカ雪に翻弄された一か月
「生活者の目線」に徹し連日報道 ... 大地 進(秋田魁)
互助の精神をつなげたい
大雪知らない若手記者が健闘 ... 織田 浩之(北日本)
その時、販売店はどう動いたか
深雪かき分け届けたスタッフ奮戦記 ... 山沢 美智夫(新潟)
目覚める中国メディア
市場経済の波にもまれ「報道の自由」を希求 ... 白石 徹(中日・東京)
「わかるにかわる」神奈川新聞へ
劇的に生まれ変わったトップ面 ... 加藤 廉(神奈川)

<資料>記者クラブに関する日本新聞協会編集委員会の見解(2006年3月一部改定)

トリノ五輪報道の話題から

ブログ「チーム伊藤奮闘中」
多くのアクセスに将来のメディアの手応え ... 高岡 和弘(読売東京)
時差に追われた取材・送稿
スポーツ紙の「色」どう打ち出すか ... 片倉 尚文(サンケイスポーツ)
報道が作り出した「神話」とその崩壊
韓国ES細胞捏造事件とメディアの功罪 ... 韓 永學(北海学園大)

連載

〔特派員万華鏡〕主流からこぼれ落ちるアジア報道
メディアは"小国の視点"もっと意識を ... 舟越 美夏(共同)
〔ザ・ショット〕万葉の恋、見つめた川
時空を超えて車窓に映る万葉の幻想 ... 藤井 博信(奈良)
〔前線記者〕取材される側からの提言
トリノ五輪を選手として終えて ... 中山 英子(信濃毎日)
〔わが支局わが日々〕
本州の最南端 ... 沖本 真孝(紀伊・串本支局)
〔地方紙社説・論説総覧〕
地方からこの国の今を見る(2006年2月) ... 新聞協会審査室

随想

お山の杉の子 河内 鏡太郎(読売大阪)
奥信濃に「レア物」あり 小坂 壮太郎(信濃毎日)
語り合う独立U13局 新井 英司(群馬テレビ)
雑誌協会の創立50年に思う 勝見 亮助(雑誌協会)
海外メディア事情 ムハンマド風刺画にゆれる欧州
文明の衝突か、表現の自由の闘いか ... 冨永 格(朝日)
メディアスコープ 鳥取県「人権救済条例」が無期限凍結
今後の議論は見直し検討委員会へ ... 松本 杏(毎日大阪)
新聞協会が特別決議を採択
特殊指定堅持求める ... 赤木 孝次(新聞協会)
データ&リサーチ
新聞広告動向(2005年)
日本の広告費(2005年)
新聞用紙の需給動向(2005年)

ブックレビュー
新聞日誌(2006年2月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ