1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2008年3月号(No.680)

『新聞研究』目次 2008年3月号(No.680)

記者読本2008

(記者となる君へ)

読者に信頼される新聞とは
知るべきことを問い、伝える役割 ... 横井 正彦(朝日)
記者倫理は市民感覚の中にある
志は高く、温もり伝えられる記者に ... 菊池 恵美(西日本)
匿名社会に流されないために
「傷つける」恐れを持ちながら実名報道を守る ... 若菜 英晴(毎日大阪)
取材源秘匿はジャーナリストの鉄則
情報提供者を守り、信頼を築く ... 藤田 和之(読売東京)
地域に根を張るということ
〈私たち〉の視点で見つめるわが街 ... 宮沢 之祐(神戸)
新聞記事の文章を考える
型を身に付け、細部にこだわる ... 北尾 幸雄(共同)
ネット時代の新聞社像
敵対視から共栄へ、ウェブと紙の新しい関係 ... 片山 雅文(産経東京)
大きな意味を持つ記者の仕事
ジャーナリズムにできることを考えよう ... 池上 彰(ジャーナリスト)

〈先輩記者から〉

〈政治〉
政治家の言葉を扱う難しさ ... 市川 謙吾(時事)
〈経済〉
仕事と休暇の快適なバランスを ... 瀬能 繁(日経)
〈社会〉
歴史を記録し、変える力も ... 円谷 真路(福島民報)
〈科学〉
原発取材は課題山積 ... 永井 理(東京)
〈暮らし〉
面を作る仕事のやりがい ... 田端 美華(熊本日日)
〈運動〉
勝ち負けにこだわらず ... 河野 洋(愛媛)
〈整理〉
感性豊かに、心躍る紙面を ... 小山 嘉朗(岩手日報)
〈写真〉
カメラマンは読者の「眼」 ... 諸橋 弘平(北海道)
新聞の政治漫画と近藤日出造
あらゆる権威を生活者の視点で風刺した奇才 ... 峯島 正行(評論家)
放送法改正の経緯と諸論点
認定放送持ち株会社制度を中心に ... 音 好宏(上智大)

連載

〔特派員万華鏡〕広い持ち場から何を発信するか
「辺境」のにおいを残した西海岸で ... 松尾 理也(産経)
〔ようこそニュースパークへ〕(41)
朝野新聞の軌跡 ... 春原 昭彦(上智大)
〔世界の新聞界の動き〕(15)ビデオ新聞の登場
ネット上で映像情報を本格発信 ... 廣瀬 英彦(東洋大)
〔ザ・ショット〕寒さに耐え春へ
震える手でとらえた寒立馬 ... 川守田将和(デーリー東北)
〔わが支局 わが日々〕
「地域の個性」を感じ(東奥・五所川原支局板柳通信部) ... 岩村 史生
〔前線記者〕あいまいな基準にわりきれぬ思い
福岡飲酒運転三児死亡事故裁判を取材して ... 長田 周三(西日本)
〔地方紙社説・論説総覧〕
地方からこの国の今を見る(2008年1月) ... 新聞協会審査室

随想

記者クラブ考 熊坂 隆光(日本工業)
隣県の垣根を越えて 佐々木恒美(河北)
内匠頭とマッカーサー 宮内 正英(スポニチ東京)
静かな編集局 石井 稔(茨城)
メディアスコープ
メディアスクラム問題への対応続く ... 赤木 孝次(新聞協会)

データ&リサーチ
新聞広告動向(2007年)

ブックレビュー
新聞日誌(2008年1月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ