1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2008年8月号(No.685)

『新聞研究』目次 2008年8月号(No.685)

個人情報保護法と過剰反応問題

表現の自由との調整図る制度見直しを
出発点となるメディア内部の議論 ... 田原 和政(日経)
各地で相次ぐ匿名発表、情報隠し
全国の取材網を通じた実態調査から考える ... 伊藤 正志(毎日東京)
法改正による問題解消と意識の成熟へ
個人情報保護の制度面からの考察と提言 ... 森田 明(弁護士)

格差社会の深層に迫る

労働者の立場で制度と実態とらえる
「偽装請負」「残業代ゼロ制度」報道が作った潮目 ... 林 美子(朝日東京)
隠された貧困を社会に問い続ける
ネットカフェ難民」映像で活字で描いた ... 水島 宏明(日本テレビ)
底辺に生きる生身の姿伝えてほしい
反貧困活動の現場から報道への期待と注文 ... 湯浅 誠(NPO法人もやい)
「国益」の犠牲となった山陰の実像
構造改革の傷癒やす処方せん 住民と共に探る ... 舟越 幹洋/杉谷 健司(山陰中央)
お産ができない離島の現実
地域医療の崩壊防ぐために ... 新垣 毅(琉球)
多メディア対応が事業成功の鍵
世界編集者フォーラムの討議から ... 山口 光(共同)

〈資料〉「2008年編集局バロメーター調査」結果抜粋

知る権利の危機はらむ事前報道制限
ねじれ国会がもたらした同意人事の迷走劇 ... 鳥山 忠志(読売東京)
李政権、メディア対策誤り早くも苦境
ネット世論の影響力強まる韓国 ... 北条 稔(時事)
記憶の伝承に向けた新聞の役割
戦後60年の夏、各紙紙面の調査から ... 向井 嘉之(聖泉大)

連載

〔特派員万華鏡〕二元論では理解できない運命共同体
馬英九政権誕生で見えた台湾社会の複雑さ ... 野崎 雅敏(中日)
〔ザ・ショット〕ふるさとの誇り
農業の永続性を写真で表現 ... 清原 浩之(愛媛)
〔わが支局 わが日々〕(いわき民報・小名浜支社)
町が凍る大事故に遭遇 ... 荒川 宏史
〔前線記者〕スピード感ある改革に目が離せぬ日々
注目集める橋下府政を取材して ... 田井東一宏(産経大阪)
〔地方紙社説・論説総覧〕
地方からこの国の今を見る(2008年6月) ... 新聞協会審査室

随想

大人気の完熟マンゴー 勝部 一之(宮崎日日)
「CHANGE」体験 田崎 史郎(時事)
古書の街から 花岡 明生(市民タイムス)
東京とオリンピック 本間 雅之(東京メトロポリタンテレビ)
メディアスコープ
(1)青少年有害情報規制法が成立 ... 林 恭一(新聞協会)
(2)新聞協会が訪問販売の自浄努力を推進 ... 内田 雄一(新聞協会)

ブックレビュー
新聞日誌(2008年6月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ