1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2008年9月号(No.686)

『新聞研究』目次 2008年9月号(No.686)

洞爺湖サミットの報道から

世界」と「北海道」を視野に
地域に引きつけわかりやすく ... 嶋田 健(北海道)
重層化する危機の構図を読み解く
複雑に絡み合う環境・原油高・新興国台頭 ... 池内新太郎(日経)
自分たちの目線と独自の立ち位
日本でも本格化した市民メディアのG8報道 ... 岩本 太郎(フリーライター)

秋葉原無差別殺傷事件は何を問うのか

もう一つの舞台となったネット
事件の背景に迫る新たな手段として ... 若江 雅子(読売東京)
報道とやじ馬の境どこに
市民による現場撮影・発信が提起するもの ... 佐々木俊尚(ジャーナリスト)

<災害報道の現場>

四川大地震 したたかな報道対応
情報公開と規制 二つの姿勢を使い分け ... 成沢 健一(毎日東京)
ミャンマー被災 伝え切れたか
日本の東南アジア報道 弱さを露呈 ... 木村 文(朝日)
復旧・復興に向けた継続的報道
岩手・宮城内陸地震から将来の青写真へ ... 高橋 宏昇(岩手日報)
地域コミュニティーとどうつながるか
「当事者の発信」を支援する地方紙の新たな可能性 ... 寺島 英弥(河北)<
100周年迎えた米ミズーリ大Jスクール
実践教育と研究で「現場と大学の壁」崩す ... 水野 剛也(東洋大)
2020年の新聞を描く
世界新聞協会「新聞社のためのシナリオプランニング」から(抄訳)
将棋文化を支える新聞社の役割 初の共催名人戦を振り返って
三者一体でブランド力高める ... 徳増 信哉(毎日)
多面的な楽しみ提供した両紙面 ... 雑崎 徹(朝日東京)

連載

〔特派員万華鏡〕紛争地帯・中東に渦巻く複雑な感情
戦時下を生きる市民に触れる ... 谷生 俊治(日本テレビ)
〔ザ・ショット〕取材ヘリが、なぜ
原因究明を願いファインダーに収める ... 沼田 毅(東奥)
〔わが支局 わが日々〕(長崎・対馬支局)
国境の島での日々 ... 田中 祐作
〔前線記者〕世界に向けて地域の魅力を発信
北海道洞爺湖サミット迎えた地元を取材して ... 佐藤 重理(室蘭)
〔地方紙社説・論説総覧〕
地方からこの国の今を見る(2008年7月) ... 新聞協会審査室
〔世界の新聞界の動き〕(18)人員削減相次ぐ米新聞界
記事内容への影響に懸念も ... 廣瀬 英彦(東洋大)
〔ようこそニュースパークへ〕(44)
震災と販売店 ... 春原 昭彦(上智大)

随 想

尾瀬の湿原 萩原 哲(上毛)
キトキト自慢 三賀 孝治(北日本)
斬新なるコラボ 森原 昌人(新日本海)
核兵器と世界の声 難波 健治(中国)

データ&リサーチ
新聞・通信社の従業員数・労務構成調査(2008年4月)

ブックレビュー
新聞日誌(2008年7月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ