1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2009年7月号(No.696)

『新聞研究』目次 2009年7月号(No.696)

名誉棄損訴訟の賠償高額化を考える

高額賠償の底流とメディアの責務
議論の出発点としてのジャーナリズム性 ... 田原 和政(日経)
裁判実務の立場からみた高額化の背景
報道の自由と慰謝料額のバランスについて ... 鬼頭 季郎(弁護士/元・東京高裁判事)
人々の知る権利を損なう危険性
表現・メディア規制としての高額化問題 ... 田島 泰彦(上智大)

<資料>名誉棄損訴訟における過去の主な高額賠償判決

【新聞経営の課題と展望】
地域活性化の一翼担う ... 小坂 健介(信濃毎日)
ヨーロッパの新聞助成策の変遷
多様な言論の提供のために ... 廣瀬 英彦(東洋大)
写真部長・デスク座談会《新聞写真の現状と今後》
渡辺 幹夫(朝日東京)/佐藤 泰則(毎日東京)/池田 正一(読売東京)
坂 仁根(共同)/花井 尊(東京写真記者協会=司会)
女の本音「発言小町」は今
10周年迎える「大手小町」の人気掲示板 ... 稲沢 裕子(読売東京)
「知りたい情報」と報道価値の間で
ヤフーにとってのニュースとは ... 奥村 倫弘(ヤフー)
議論がニュースを面白くする
「取材報道ディスカッショングループ」の活動 ... 澤 康臣(共同)
自問自答で考えた地域の未来
政令市・岡山の誕生をどう報じたか ... 名合 弘治(山陽)

連載

〔文学者たちの記者時代〕
野村胡堂 ... 木俣 自明(報知)
〔特派員万華鏡〕(バンコク)政争に揺れるほほえみの国
出口の見えない「国のかたち」 ... 林 浩樹(中日)
〔ザ・ショット〕幻想の舞
生き物を撮る難しさを実感 ... 畦地 文雄(南日本)
〔わが支局 わが日々〕(中国・竹原支局)
三つの顔を持つ島 ... 白石 誠
〔地方紙社説・論説総覧〕
地方からこの国の今を見る(2009年5月) ... 新聞協会審査室
ようこそニュースパークへ〕(49)
〔開港と新聞 ... 春原 昭彦(上智大)
〔世界の新聞界の動き〕(23)経営の危機がジャーナリズムの危機に
欧米各国で新聞救済の議論 ... 廣瀬 英彦(東洋大)
〔前線記者〕選挙後の異例の告発をどう見るか
森田健作千葉県知事誕生を取材して ... 石井 敏之(千葉)

随想

なんでやろ、神戸 増野 俊則(神戸)
構造改革と地域経済 稲垣 範光(中部経済)
永遠の歌姫 大倉 明(産経東京)
メディアスコープ 鑑定医の調書漏えい理由に有罪
取材源保護めぐり議論呼んだ奈良地裁判決 ... 酒井 晶(新聞協会)

ブックレビュー
新聞日誌(2009年5月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ