1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2010年6月号(No.707)

『新聞研究』目次 2010年6月号(No.707)

「平成の大合併」と地方紙

地道な積み重ねで地域の信頼得る――取材体制と紙面の見直しを経て
小林 啓之(新潟)
広域化で高まる地方紙への期待――幅広い声を聞き、的確な報道続ける
鈴木 仁(福島民報)
政令市・相模原の誕生と今後――「市民主権」掲げたまちづくりを追う
石曽根 剛(神奈川)
地域紙と全国紙の「差別化」に拍車――合併をプラスに生かす取り組み
石井 晃(紀伊)
心をつなぐ「ホームペーパー」に――"縁辺部"へのまなざしを忘れず
日下 知章(山陽)

新聞再生に向け、ニュースを深掘り――編集改革と共同再加盟の狙い
河野 俊史(毎日)
菅家さんと読者への責務――足利事件検証の連載とシンポジウムを通じて
茂木 信幸(下野)
新聞広告の公共性と可能性――成熟社会の「広場」に送るエール
水野由多加(関西大)
ニュース課金についての一考察――ジャーナリズム・オンライン社の事業展開から
松井 正(読売東京)
勝呂忠先生を偲んで
『新聞研究』編集部
ネット上にそびえる長城――グーグルの中国本土撤退問題の背景
吉田 渉(日経)
言論空間への認識は妥当か――ネット名誉棄損事件の最高裁決定を読む
宍戸 常寿(東京大)
書かれたこと、書かれなかったこと――時代状況と向き合った連載「検証 昭和報道」
上丸 洋一(朝日東京)

連載

わかりやすさを考える(3) 双方向性でニーズに対応<産経「社会部オンデマンド」の巻>
大塚 創造(産経東京)
特派員万華鏡(ニューヨーク) 「まずNYへ行くこと」から――世界の檜舞台の魅力
金平 茂紀(TBSテレビ)
地方紙社説・論説 総覧地方からこの国の今を見る(2010年4月)
新聞協会審査室
わが支局 わが日々(信濃毎日・中野支局) 問題の根深さを前に
前田 浩之
ザ・ショット 音が消えた場所――村本さんの無念を写真で表現
高橋 雄大(朝日東京)
前線記者 漁業関係者の安堵と危機感――「マグロ騒動」を取材して
大友 庸一(河北)

随想

金曜日の憂鬱 志村 清一(中日)
明日へのヒント 國井 正行(函館)
藤沢周平 ラジオの世界 大沼 渉(ニッポン放送)

メディアスコープ

ダイナミックな公共空間への期待――バラエティー番組に関するBPOの意見
向井 正男(BPO)

ブックレビュー
新聞日誌(2010年4月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ