1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2011年2月号(No.715)

『新聞研究』目次 2011年2月号(No.715)

外交報道と尖閣ビデオ問題

日本の針路を報じる視点――真の情報が持つ意味とは
有元 隆志(産経東京)
創造的な外交報道の時代を――世論形成に果たす新聞の力
薬師寺 克行(朝日東京)
北朝鮮理解にマスメディアとの差異――在日コリアン・エスニックメディアに見る延坪島砲撃事件
姜 誠(ジャーナリスト)
ビデオの「秘密性」巡る国の迷走――情報統制強化への疑問高まる
溝口 烈(読売東京)
漏えいか、新たな情報開示の形態か――新聞は緻密な議論の場提供を
臺 宏士(毎日東京)
既存メディアとネットの連携とは――変化する情報環境における動画流出の意味
浅岡 隆裕(立正大)
【新聞経営の課題と展望】地域への使命感を励みに
三浦 宏(岩手日報)
こだわり読者の地域情報を発信――「わが町リポーター」制度の取り組み
大久保 徹(神戸)
わかりやすさと温かみを柱に――日経PR版の誕生と進化
山川 暢久(日経)
ワイン造りで世界を目指――山日YBSグループが農場を経営する理由
古畑 昌利(山梨日日)
〈2010年マスコミ関係判例回顧〉注目集めた密約問題の判決――取材源の秘匿を脅かす事態も
赤木 孝次(新聞協会)

連載

〔ザ・ショット〕「絵」になる美術館――降り注ぐ光の世界をカメラに
清水 健司(読売東京)
〔わかりやすさを考える〕(11)若者を取り込む仕掛け<下野「新サービス『+S』スタート」の巻>
長 茂男(下野)
〔地方紙社説・論説総覧〕地方からこの国の今を見る(2010年12月)
新聞協会審査室
〔特派員の日常から〕(ロンドン)郷土の視点で伝える欧州の今――道産子の活躍も報じる
西山 由佳子(北海道)
〔わが支局 わが日々〕(徳島・鳴門支局)「海の女」の原動力
乾 栄里子
〔前線記者〕二度と起こってはいけない事件との思い――桐生市小6女児自殺を取材して
飯島 哲也(上毛)

随想

まちづくりは人づくり 岡﨑 正治(福島民友)
二つの事件 加藤 清隆(時事)
吉備国は生き続ける 松田 正己(山陽)

メディアスコープ

『新聞用語集』追補版を刊行――29年ぶりの常用漢字表改定に対応
神田 俊英(新聞協会)
データ&リサーチ
(1)日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2010年)
(2)第47回全国新聞販売所従業員総数調査(2010年)

ブックレビュー

新聞日誌(2010年12月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ