1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2011年3月号(No.716)

『新聞研究』目次 2011年3月号(No.716)

記者読本2011

(記者となる君へ)

実践、論理、そして感性――記者に求められるもの
伝川 幹(読売東京)
埋もれた真実を掘り起こす――新聞の力を示す調査報道の役割
西村 磨(朝日大阪)
呼吸を共にする感覚忘れず――地域に寄り添うことがなぜ重要か
加藤 利器(北海道)
報道力と人間力で新聞の未来を拓く――紙とインターネットで広がる記者の可能性
佐藤 吉哉(日経)
「読者のため」を原点に――記者の倫理、取材の要点
城戸 収(中国)
取材力、文章力をつけ成長を――自分と新聞の将来に目を配りつつ
風間 正人(産経東京)
医療者と読者をつなげる役割――専門的分野の取材・報道の経験から
島崎 諭生(中日)
制度の本質に迫る努力を――裁判員裁判と取材・報道の現場
雪松 博明(南日本)
ペンと共に人々に寄り添う――新聞記者の生き方とは
早野 透(桜美林大)
新聞の明るい未来を信じて――読者と記事をつなぐ販売現場からの期待
石川 明(新聞協会・販売委員長/読売東京)
より高い「価値創出」へ――記事と広告、同じ舞台で
今井 秀和(新聞協会・広告委員長/日経)

(先輩記者から)

〈政治〉 「よりよい社会」づくりに参加
大場 伸也(毎日東京)
〈経済〉 「知ること」と「伝えること」
井手 壮平(共同)
〈社会〉 したたかに権力を監視
岡本 壮(京都)
〈暮らし〉 腰を据え、視野を広げる
矢嶋 哲也(河北)
〈運動〉 自立心と使命感を持って
鶴巻 新也(新潟)
〈整理〉 紙面に「絵」を描く面白さ
近藤 洋一(徳島)
〈写真〉 シャッター以前の準備が大事
桐明 靖之(時事)
改正放送法の概要――「放送」の定義変更の意味と影響
堀木 卓也(民放連)
「想像力」への信頼を支えに――「週刊こどもニュース」が目指したもの
田熊 邦光(NHK)

連載

〔ようこそニュースパークへ〕(59)よみうり婦人付録
春原 昭彦(上智大)
〔地方紙社説・論説総覧〕地方からこの国の今を見る(2011年1月)
新聞協会審査室
〔わかりやすさを考える〕(12)専門的に、親しみやすく<宮崎日日「マンデー知っ解く」の巻>
足立 希(宮崎日日)
〔特派員の日常から〕(ロサンゼルス)銃社会に「慣れる」ことなく――伝え続けることに重要な意味
弓削 いく子(フジテレビ)
〔わが支局 わが日々〕(神奈川・相模原支局)政令市の動きを注視
石曽根 剛
〔ザ・ショット〕樹木の宝庫、生き物の天地――写真で伝える熊野の魅力
山本 敏弘(紀伊)
〔前線記者〕地に落ちた県警への信頼――秋田市弁護士殺害事件を取材して
齋藤 将典(秋田魁)
〔世界の新聞界の動き〕(33)メディアへの監視強めるハンガリー――法改正に批判高まる
廣瀬 英彦(東洋大)

随想

辛亥革命100年に思う 梶山 卓司(神戸)
自転車と川 石野 栄一(埼玉)
さようなら湯河原荘 小野木 克之(河北)

メディアスコープ 番組転送に著作権侵害を認定――最高裁の判断相次ぐ

清原 碧(新聞協会)
データ&リサーチ
新聞広告動向(2010年)

ブックレビュー

新聞日誌(2011年1月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ