1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2011年9月号(No.722)

『新聞研究』目次 2011年9月号(No.722)

東日本大震災と報道(第4回)

くらし・企業を伝え、「視点」示す──経済への影響をどう報じるか

新実  傑(日経)

「ぶら下がり」取材の功と罪──復興構想会議に参加した立場から

橋本 五郎(読売東京)

求められる地域密着の震災報道──首都圏最大被災地の地元紙として

大澤克之助(千葉)

そのときテレビ・新聞は何を伝えたか──地震直後の報道の概観

遠藤  薫(学習院大)

地域社会との新たな関係づくり──震災で一気に顕在化したネットへのニーズ

佐藤 和文(河北)

原発災害報道にツイッターを活用──テレビ・ラジオを補う効果

本保  晃(NHK)

<インタビュー>
新聞社の高い取材力を実感──グーグルと被災地の地元紙との連携

長谷川 泰(グーグル)

長野県栄の震災をどう報じたか──「忘れられた被災地」を取材して

東  圭吾(信濃毎日)

大災害の発生予防に向けて──国連がメディア向けガイドラインを発行

小林 恭子(在英ジャーナリスト)


ACの40年とその意義──節目の年に経験した東日本大震災

草川  衛(ACジャパン)

もしも新聞記者がマクルーハンの「メディア論」を読んだら
    ──生誕100年に新聞の次の姿を考える

服部  桂(朝日)

伝説の写真家が問うチェコ事件──「ジョセフ・クーデルカ プラハ1968」展を開催して

丹羽 晴美(東京都写真美術館) 

連載

〔わかりやすさを考える〕 (18)動画を「伝える武器」に <東奥「NETテレビ」の巻>

平野 陽児(東奥)

〔ザ・ショット〕 「希望」を乗せて──感情を抑え、被災地に寄り添う

佐々木浩明(河北)

〔地方紙社説・論説総覧〕 地方からこの国の今を見る(2011年7月) 

新聞協会審査室

〔ようこそニュースパークへ〕 (62)満州事変の勃発

春原 昭彦(上智大)

〔特派員の日常から〕 (ロンドン)自由社会の真価を考える──英国におけるユーモアの意味

有賀 信彦(中日)

〔世界の新聞界の動き〕 (36)混迷極めるイギリスの電話盗聴事件
                      ──ニューズ・オブ・ザ・ワールドが廃刊に

廣瀬 英彦(東洋大)

〔わが支局 わが日々〕 (埼玉・秩父支局)祭りの豊富な山国

 磯田 正重

〔前線記者〕 求められるエネルギー政策の方向性──「節電の夏」を取材して

柳原美砂子(毎日東京)

随想

  追悼花火

 鐙 隆千代(秋田魁)

もういくつ寝ると

小川 哲哉(北國)

「ありのままに」伝える

田村 智雄(スポニチ)


メディアスコープ 難しい「7月24日」の位置付け──東北3県を除き地デジに移行

秋山 衆一(共同)

データ&リサーチ 

新聞・通信社の従業員数・労務構成調査(2011年4月)

ブックレビュー

新聞日誌(2011年7月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ