1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2012年4月号(No.729)

『新聞研究』目次 2012年4月号(No.729)

東日本大震災と報道──震災から1年

〈対談〉岐路に立つ新聞──歴史観持ち 分かりやすい報道を

岸井 成格(毎日)

池上  彰(ジャーナリスト)

災害対策ネットワークを「協調」の柱に──3・11後の新聞経営の課題

村田 正敏(北海道)

犠牲者の人生を残し、忘れない──あの日「生かされた」われわれの使命

太田代 剛(岩手日報)

両論併記から、溝を埋める報道へ──原発事故に苦しむ福島の実相伝える

菊池 克彦(福島民友)

「被災地を忘れない」ということ──国民的理解や協力を広げる新聞の役割 

青木 康晋(朝日)

命題の答え 探し続ける──被災地から離れた地にある地方紙として

大西 祐資(京都)


県民目線で続ける沖縄基地報道──防衛局長の暴言が照らし出したもの

松元  剛(琉球)

コダックと報道写真──フィルムからデジタルへの移行の中で

星野 浅和(東京/東京中日スポ)

地域の話題を丁寧に解説──SNSと連動 佐賀発ブログ「ばってんがサイト」

樋渡 光憲(佐賀)

音楽文化の向上、新たな飛躍へ──創立50周年迎えた読売日本交響楽団

横田 弘幸(読売日本交響楽団)

〈インタビュー〉思考をうながすメディアの役割──上質な好奇心を持って建設的な問題提起を

小山 薫堂(放送作家・脚本家)

 連載

〔わかりやすさを考える〕(第25回) ネット時代の新たな挑戦 <日経「電子版の取り組み」の巻>

松本 元裕(日経)

〔ザ・ショット〕数百台が止まった道──空撮の有効性を再認識

高谷 成彦(東奥)

〔わが支局 わが日々〕(岐阜・揖斐支局)揖斐の伝統支える

土屋 健一

〔地方紙社説・論説総覧〕 地方からこの国の今を見る(2012年2月)

新聞協会審査室

〔前線記者〕「再発防止」と「真相解明」の間で──尼崎JR脱線事故、前社長の無罪判決を取材して

前川 茂之(神戸)

〔特派員の日常から〕(ローマ)ディテールにはこだわらない!?──本当の「イタリア人らしさ」とは

小西 大輔(共同)

随想

時代を映す鏡

井上 浩一(中国)

読書の勧め

本多  亮(東愛知)

非常時にこそ図書館を

松岡  要(日本図書館協会)


データ&リサーチ

①日本の広告費(2011年)
②新聞用紙の需給動向(2011年)

ブックレビュー

新聞日誌(2012年2月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ