1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2013年2月号(No.739)

『新聞研究』目次 2013年2月号(No.739)

2012総選挙とメディア

「自民圧勝」のマジックと選挙制度の課題──問われる今後の制度改革、政治風土の変革

岸井 成格(毎日)

脱「マニフェスト選挙」報道を目指す──世論のミスリードを防ぐ三つの柱

永原  伸(読売東京)

かすんだ「対立軸」──多党化時代の選挙報道の在り方

小渕 敏郎(共同)

多党乱立と公平・公正の狭間で──衆院選をテレビはどう伝えたか

石原 正人(フジテレビ)

空前の情勢調査とその成果──高まる重要性、求められる精度

中西 豊樹(朝日東京)

ソーシャルメディアがもたらす新たな潮流──選挙報道でネットとマスメディアの融合進む

藤代 裕之(ジャーナリスト)

県民の「期待なき選択」──地元は脱原発論議をどう捉えたか

早川 正也(福島民報)

「第三極」を地元で追って──幅広いネットワークが要る

高橋 晴久(京都)

地域を翻弄した民主党政権を読者に問う──足りなかった国と行政の責任の重さ

末廣  淳(熊本日日)] 


都知事選とメディア──「SNS時代の選挙」にどう対応するか

酒井  潤(産経東京)

ネット選挙運動解禁に残る課題──韓国大統領選とメディア

山口 真典(日経)

北朝鮮のミサイル報道とその態勢──求められる「一連の情報」の検証]

松坂 千尋(NHK)

【2012年マスコミ関係判例回顧】
「相当の理由」厳格解釈の傾向続く──名誉毀損訴訟における取材源秘匿

西土彰一郎(成城大)

連  載

〔わかりやすさを考える〕 (第35回)「独り語り」で訴える <沖タイ「地方版『しましま+』」の巻>

船越 三樹(沖タイ)

〔ザ・ショット〕 都市の中の異空間──光が織りなす“演技”に感動

鎌手 美和(大分合同)

〔わが支局 わが日々〕 (秋田魁・本荘支局)鳥海山の裾野で

小松 嘉和

〔地方紙社説・論説総覧〕──地方からこの国の今を見る(2012年12月)                     

新聞協会審査室

世界メディアウォッチ⑪ 放送業界主導のネット動画が躍進──フールー成功の秘密と、CEO辞任後の課題

松井  正(読売東京)

〔前線記者〕 復興支援の紙面づくり続く──室蘭・登別の大規模停電を取材して

佐藤 重理(室蘭)

〔特派員の日常から〕 (シリコンバレー)「消費者不在」批判、終結糸口も──米国のアップル・サムスン訴訟

中浜利太郎(時事)

随想

ペコロスに学ぶ

児嶋  昭(西日本)

スポーツの力

八木 一郎(山陽)

男子の本懐・井上準之助

藤内  悟(大分合同)


データ&リサーチ 日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2012年)

ブックレビュー  

新聞日誌(2012年12月)

 

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ