1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2013年3月号(No.740)

『新聞研究』目次 2013年3月号(No.740)

記者読本2013

〈記者となる君へ〉

記者としての立ち位置を意識して──読者との信頼関係を続けていくために

成田  淳(毎日東京)

復興進んでも消えない悲しみ──風化に挑む地元紙の報道

谷藤 典男(岩手日報)

たゆみなくパネルを開ける──疑問の目から始まる調査報道

加古 陽治(東京)

寄せ鍋をつついて奔走する──「より豊かな社会」のための経済報道

斎藤 孝光(読売東京)

先輩は乗り越えるためにある──新しい時代の新しい特派員に

藤井  靖(共同)

変わるものと変わらないもの──ネット時代の新聞記者

松本 元裕(日経)

「新製品」を作り出すつもりで──伝わる新聞記事の書き方

外岡 秀俊(ジャーナリスト)

「聞く力」は「伝える力」──人と人との橋渡しをするために

阿川佐和子(作家)

新聞販売の使命── 読者に届けられてこそ

田中  豊(新聞協会・販売委員長/産経東京)

次代の新聞ビジネスへの挑戦──記者と営業が共同で読者の利益を目指す

松本  肇(新聞協会・広告委員長/産経東京)

〈先輩記者から〉

〈政治〉 日常の疑問を大切に

岡谷登士春(時事)

〈地域と暮らし〉 地域に根ざした取材で見える課題

阿部 光希(山陽)

〈社会〉 パズルのピースを探す日々 

伊藤弘一郎(産経東京)

〈運動〉 無数の切り口を持つスポーツ取材

末継 智章(西日本)

〈写真〉  「想像力」働かせて準備と計算を 

北沢 博臣(信濃毎日)

〈整理〉  「新鮮な紙面」を作り上げるために  

中谷  巌(北日本)

〈SNSと記者〉 メディアの原点に立ち返る

仲村 和代(朝日東京)

連  載

〔わかりやすさを考える〕(第36回)地域色を第一にビジュアル化 <上毛「上毛スポーツ」の巻>

山形 博志(上毛)

〔ザ・ショット〕 国重文包む紅蓮の炎──文化財保護の課題浮き彫りに

竹久 祐樹(山陽)

〔ようこそニュースパークへ〕 71 戦時下の新聞

春原 昭彦(上智大)

〔地方紙社説・論説総覧〕──地方からこの国の今を見る(2013年1月)  

新聞協会審査室

世界メディアウォッチ 12 個人ブログにも課金の波──米著名ブロガー、58万ドル獲得し好スタート

松井  正(読売東京)

〔特派員の日常から〕 経済成長支える「影の主役」
                ──中国社会のかかえる不安要素

西村 知子(テレビ東京)

〔前線記者〕 事故からの「問い」をどう報じるか
          ──笹子トンネル天井板崩落事故を取材して

古守 彩/前島 文彦(山梨日日)

〔わが支局 わが日々〕 (四国・観音寺支局)地域再生のために

福岡 茂樹

随想

「戦後体制」からの脱却 

長元 朝浩(沖タイ)

5年後、穂高の風景は

片山 俊之(テレビ大阪)

革新の種を探そう

佐川 博之(秋田魁)


データ&リサーチ ①新聞広告動向(2012年)
           ②第49回全国新聞販売所従業員総数調査(2012年)

ブックレビュー  

新聞日誌(2013年1月)

 

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ