1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2013年4月号(No.741)

『新聞研究』目次 2013年4月号(No.741)

東日本大震災と報道──震災から2年

地元紙として原発事故を伝え続ける──チェルノブイリから何を学べるのか

紺野 正人(福島民報)

福島を伝える使命と覚悟──原点から見つめ直す

小野 広司(福島民友)

最善の情報提供こそ最大の使命──記憶の風化と闘いながら

岩渕 真幸(岩手日報)

大震災の教訓を「わがこと」として──いのちと地域を守る地元紙の取り組み

今野 俊宏(河北)

継続取材で復興後押しを──被災地の中と外をつなぐ震災報道

大坪 信剛(毎日東京)

東北との結び付きに光を当てて──取材で見えてきた行政の問題点 

勝木晃之郎(北海道)

災害報道の変化と課題──異常事態をいかに伝えるか

松坂 千尋(NHK)

情報過多時代の「原点回帰」──震災後のテレビ報道とその役割

谷原 和憲(日本テレビ)

非常時こそ新聞の真価問われる──震災対策要綱の編集に携わって

大島宇一郎(中日)

「口蹄疫」の教訓を生かす──宮崎日日新聞社の防災・危機管理  

川島 賢司ほか(宮崎日日)


エジプト新憲法とメディア──険しい真の民主化への道

田尾 茂樹(読売)

老舗英字紙の女性向け媒体─新たなブランド戦略奏功

小野塚 倫(ジャパンタイムズ)

英メディアの自律と規制

イギリスのプレス規制の動向──日本の課題にもかかわって

田島 泰彦(上智大)

英レベソン委員会 報告書の概要
  /独立規制・監督機関設置に与野党が基本合意

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

連  載

〔わかりやすさを考える〕(第37回)知りたいテーマを読み解く <秋田魁「ニュースのつぼ」の巻>

田口 克美(秋田魁)

〔ザ・ショット〕 伝統のロケット撮影──一瞬の勝負に準備重ねる 

北村 茂之(南日本)

世界メディアウォッチ 13  好調な英ハイパーローカル新聞──紙の拡大路線率いる86歳ティンドル卿

松井  正(読売東京)

〔特派員の日常から〕 (ヨハネスブルク)人種差別社会の負の遺産──南アの「暴力文化」に目をこらす

服部 正法(毎日)

〔前線記者〕あわや大惨事 影響いまだ色濃く──ボーイング787緊急着陸を取材して

広瀬 大(四国)

〔わが支局 わが日々〕 (デーリー東北・むつ総局)原子力取材と格闘 

岩舘 貴俊

随 想

ヒロシマの意味 

江種 則貴(中国)

終の栖の雪五尺 

嶋田  健(テレビ北海道)

春、元気を出して 

佐藤 秀樹(東奥) 


 データ&リサーチ ①日本の広告費(2012年)
            ②新聞用紙の需給動向(2012年)

ブックレビュー

新聞日誌(2013年2月)

定価840円(税込み、送料72円)

ページの先頭へ