1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2014年4月号(No.753)

『新聞研究』目次 2014年4月号(No.753)

東日本大震災と報道──3年間を振り返る

震災に鍛え抜かれた記者たち──東北の未来を開き、次なる大災害に備える

東根千万億(岩手日報) 

試される「震災力」──いのちと地域を守る現場から

鈴木 素雄(河北) 

復興の姿をつぶさに伝える──福島の未来に向け、正念場の年に

菅野  篤(福島民友) 

<インタビュー>再認識した地域紙の役割──街の将来を見据えて

野沢 達也(いわき民報) 

<インタビュー>国民の不安を解消するために──災害時のメディアの役割

立谷 秀清(福島県相馬市長)

変わり果てた風景を原点に──復興に「長期戦」で向き合う

小林 和仁(福島民報) 

復興をゼロから見続ける──被災地に身を置く意義

東野 真和(朝日東京) 

心の変化を伝える重み──大川小遺族への取材から

山下 真範(読売東京) 

放射線影響の報道を問う──リスクを的確に伝えるために

斗ヶ沢秀俊(毎日) 

変わらなかった地震研究体制──社会的議論の不足と新聞の役割

泊  次郎(元朝日)


【写真で見る被災地の今】

がれきのなか、突貫作業で 
復興なった空の玄関口──付近に残る爪痕 

長南 康一(河北) 

廃炉に向けて慎重に作業──収束へ課題は山積 

安島 剛彦(福島民報) 

いまだ「真っさら」な大槌町──「責任」心に刻む 

榊  悟(岩手日報)

日常化したモニタリングポスト──失せた光沢が語る 

小泉 篤史(福島民友) 

笑顔に凝縮された日々──探し当てた幸運

 松本 健吾(産経東京)

 
「個」に焦点を当てる──ニュースの伝え手として

大越 健介(NHK) 

県内外の「溝」を埋めるために──今の福島の姿伝える

佐藤  崇(福島中央テレビ) 

被災地の「今」を直視する──地元ラジオ局の取り組み

姉帯 俊之(IBC岩手放送)

地域の新しい価値を見いだす──地元メディアの存在意義とは

長谷部 牧(東日本放送)


「異例ずくめ」に変化を実感──都知事選取材で垣間見えた新たな潮流

石川 修巳(東京)

多彩な出稿で盛り上がり伝える──ソチ冬季五輪報道の取り組み

江波 和徳(共同通信デジタル)

専門記者として歴史を発掘──二足のわらじで琉球競馬を追う

梅崎 晴光(スポニチ)

連  載

〔ザ・ショット〕 沈黙の現場 漂う船底──穏やかな海に潜む危険を伝える

井上 貴博(メディア中国) 

〔わが支局 わが日々〕 (静岡・焼津支局)「ビキニデー」に思う

 宮崎 浩一

〔大震災を風化させないために〕(第4回)記録し続ける──長野県栄村の現場から 

井手 拓朗(信濃毎日)

〔世界メディア事情〕(韓国) 主要紙がCATVに進出──総合メディア化で生き残り目指す

 貝瀬 秋彦(朝日) 

〔前線記者〕 脅かされた「ものづくり」の生命線──冷凍食品農薬混入事件を取材して

 五十嵐啓介(上毛)

〔特派員の日常から〕(モスクワ) 命の上で成立したソチ五輪──「異形の国」と“テロ” 

豊島  歩(TBS) 

〔この道一筋の記者が語る〕(医療) 医療者と患者の懸け橋に

 安藤 明夫(中日)

〔メディアスコープ〕 レガシーメディアの将来──米ボレル社報告書より 

編集部 

〔データ&リサーチ〕新聞用紙の需給動向(2013年)
 

随想

夢がワクワク「中東北」

 伊勢田昭弘(岩手日日)

震災20年に向けて 

服部 孝司(神戸)

たすきの重み 

木脇 良知(南日本)


ブックレビュー 

新聞日誌(2014年2月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ