1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2014年7月号(No.756)

『新聞研究』目次 2014年7月号(No.756)

 裁判員制度5年 司法と事件報道は変わったか

開かれた裁判、フェアな報道は実現したか──刑事司法全体とらえ視野の広い報道を 

藤森  研(専修大)

運用実態への理解深める必要──制度の本質踏まえ多角的な報道を

香川 徹也(最高裁) 

公正な報道と果敢な取材が不可欠──司法制度変革期における課題

大沢陽一郞(読売東京) 

現場に定着した報道指針──適切な運用には理念の把握が不可欠

有若  基(共同)

裁判のその後に目を向ける──変わりつつある記者の意識

浜田 耕治(西日本)

根気強く重層的な取材続ける──鹿児島地裁無罪判決とその後の報道から

新納 剛史(南日本)

判決の論理解き明かす報道を──制度導入で問われる検察の取り調べ能力

髙井 康行(弁護士/元検事)

法曹三者間の議論と事件報道──弁護人から見た現状と課題

宮村 啓太(弁護士)

守秘義務の在り方を考える──米国陪審員の経験を踏まえて

中井 大助(朝日)


IPIの新たな躍進のために──南アフリカでの世界大会に出席して感じたこと

宇治 敏彦(中日)

米調査報道NPOの現状と展開──技術革新に適応し、あらゆる発信の場を模索 

奥山 俊宏(朝日東京) 

「富岡製糸場」が世界遺産に──キャンペーンで県民に意識変化促す

萩原 俊一(上毛)

連  載 

〔世界メディア事情〕(英国) グーグルと「忘れられる権利」の行方──欧州最高裁が個人の情報削除権を認める 

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔この道一筋の記者が語る〕(文化財) 現代人の「根っこ」を検証 

小滝ちひろ(朝日大阪)

〔特派員の日常から〕(釜山) 沈没事故の余波続く──釜山日報への派遣記者として

塩入雄一郎(西日本)

〔ザ・ショット〕 暗転した行楽の浜辺──悲劇を直視し伝える 

富所真太郎(新潟) 

〔大震災を風化させないために〕(第7回) 過去の教訓に光を当てる──「減災新聞」とともに 

渡辺  渉(神奈川)

〔前線記者〕 問われる企業の危機管理──JTB中部偽手紙事件を取材して 

根尾 文悟(岐阜)

〔メディアスコープ〕 デジタル対応めぐり議論──WAN-IFRA世界大会から 

編集部

〔わが支局 わが日々〕(山形・長井支社) ふるさと納税激増 

斎藤 敏広

〔ようこそニュースパークへ 79〕 泥と炎のインドシナ 

春原 昭彦(上智大) 

随想

おらんだ酔夢抄 

今福 雅彦(長崎)

牛乳瓶の岩手産生ウニ 

中島 雅樹(水産経済)

ライブ感ある記者会見を 

土生 修一(日本記者クラブ)


ブックレビュー 

新聞日誌(2014年5月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ