1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2014年10月号(No.759)

『新聞研究』目次 2014年10月号(No.759)

平成26年度新聞協会賞

新聞協会賞受賞者一覧

編集部門

「徳洲会から猪瀬直樹・前東京都知事への5000万円提供をめぐる一連のスクープ」と関連報道
 密室の「政治とカネ」暴く

野村  周(朝日)

潮路はるかに 慶長遣欧使節船出帆400年
 報道写真への視点を新たに

長南 康一(河北)

「太郎さん」など認知症の身元不明者らを巡る「老いてさまよう」の一連の報道
 社会問題を掘り起こす挑戦

銭場 裕司(毎日東京)

東日本大震災・東京電力福島第一原発事故「原発事故関連死」不条理の連鎖
 命の重さを問う

芳見 弘一(福島民報)

「温かな手で── 出産を支える社会へ」(連載企画、関連特集・記事、読者参加の学習会・フォーラムを中心とするキャンペーン)
 女性に重荷強いぬ社会目指す

三村 卓也(信濃毎日)

技術部門

新聞制作の新基盤「NEO(ネオ)」構築~クラウドのフル活用で一括更新、複合メディア時代の編集システム確立
 時代に合ったシステムで報道に寄与

北島  匡(日経)

経営・業務部門

「復興大使」派遣事業
 古里の「公器」として発信

矢森 真人(福島民報)

福井新聞社「みらい・つなぐ・ふくい」プロジェクト── 新聞が動く、地域が変わる コウノトリ支局の挑戦──
 再確認した新聞社の力

吉田 真士(福井)

新聞協会賞選考経過

 新聞協会

選考を終えて

近藤 勝義(新聞協会賞「編集部門」選考分科会委員長/日経)

上坂  徹(新聞協会賞「技術部門」選考分科会委員長/産経東京)

〔新聞協会賞応募作品一覧〕


第34回「新聞広告賞」受賞作品

【販売担当座談会】新聞販売の現状と未来── ピンチをチャンスに変える

細見  孝(朝日)/宮本 友丘(読売東京)

矢野 博也(中日)/星野 純朗(新潟)


根気強く事件に向き合う── 佐世保高1女子同級生殺害事件と報道

田渕 徹郎(長崎)

「推定無罪」を堅持し試行錯誤── 舞鶴女子高生殺害事件の報道を振り返る

峰  政博/岸本 鉄平(京都) 

市民被害と「戦争プロパガンダ」── 現場に入るからこそ見えるガザ情勢の虚実

大治 朋子(毎日)

連  載

〔ザ・ショット〕 夏祭りの惨事に騒然── 未整備だったねぷたの安全

油川 修一(陸奥)

〔世界メディア事情・中国〕 波紋を呼んだ習近平演説── 新聞・テレビとネットの融合を提唱

竹内誠一郎(読売)

〔大震災を風化させないために〕(第10回) 求められる二つの「打破」 ── 終わりなき防災報道

平岩 勇司(中日)

〔この道一筋の記者が語る〕(労働問題) 胸打たれた過労死遺族の姿

小野木康雄(産経大阪)

〔特派員の日常から〕(ジャカルタ) 民主主義の定着を実感── メディアの未成熟など課題も 

小玉原一郎(共同)

〔前線記者〕 異様な動機、周到な犯行計画── 小学5年女児監禁事件を取材して 

秋山 昌三(山陽)

〔わが支局 わが日々〕(北日本・黒部支局) 転換期のまちを追う 

長徳 琢也

随想

技量を磨く

山崎 隆志(北海道)

「東京よ」

佐藤  明(新潟)

マナー再考

袴田 直希(日本テレビ)


ブックレビュー

新聞日誌(2014年8月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ