1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2014年11月号(No.760)

『新聞研究』目次 2014年11月号(No.760)

 記者教育の取り組みと課題 

 時代の変化に対応した研修を──求められる記者像から考える

外岡 秀俊(ジャーナリスト) 

全記者が意識を共有するために──発足2年目を迎えた「記者塾」

谷口  透(読売東京)

基本を固め、デジタルを学ぶ──新しい時代を生き抜くために

橋本  聡(朝日)

「入社3年で一人前」を柱に── 一人一人に目配りする態勢づくり

宮城 孝治(共同)

会社も記者も原点に帰ろう──限られた態勢でどう育てるか

斉藤  潔(西日本)

<デスク報告> 記者指導の現場から──若手に何を、どう伝えるか

「課題図書」できっかけづくり

 嵯峨 仁朗(北海道)

学びたい「心のケア」

 古関 良行(河北)

「型」をバカにするな 

宗像 信如(下野)

とにかく新聞の精読を 

大塚 創造(産経東京)

育てる側も試される 

宇城  昇(毎日大阪)

良質な1次情報を発信するために 

藤原  学(神戸)

若手の疑問に真剣に向き合う 

高田 昌幸(高知)

問題意識を刺激する 

高森 千絵(宮崎日日)


東京五輪と国連勧告が契機に── 取材現場からヘイトスピーチ規制を考える

佐藤  圭(東京)

ネットも意識した想定や配慮を── 「ネット時代の報道倫理を考える」報告書から

後藤 俊哉(日本テレビ)

〔メディアスコープ〕 中国メディアの現状── 「都市報」の衰退と統制強化

西   茹(北大)

連  載 

〔世界メディア事情〕(英国) 新鮮な紙面作りに知恵絞る── ニュースデザイン協会の国際会議で 

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔ザ・ショット〕 錦織選手の快挙捉える──予定変えスタジアムへ 

遠藤  望(共同)

〔特派員の日常から〕(ロンドン) 民主主義の原点を見る── スコットランド独立住民投票の熱気

 小倉 孝保(毎日)

〔わが支局 わが日々〕(岐阜・中津川支局) 魅惑の地歌舞伎の里 

有我友香理

〔大震災を風化させないために〕(第11回) 県民と共に考える防災── 毎月11日に特集を発行して 

与那嶺一枝(沖タイ)

〔この道一筋の記者が語る〕(文芸) 教えられた「文学」の原点 

小山 鉄郎(共同)

〔前線記者〕 マナー忘れた健常者への警鐘── 川越駅全盲生徒暴行事件を取材して 

毛利 伸一(埼玉)

〔ようこそニュースパークへ 81〕 新聞協会賞 

春原 昭彦(上智大)

随想

北海道の星 

磯部  亨(スポニチ) 

千葉ダイビング 

中元 広之(千葉)

信州そば 

山本 章三(市民タイ)


〔データ&リサーチ〕 ①新聞社総売上高推計調査(2013年度)
              ②新聞社の経営動向(2013年度)


ブックレビュー 

新聞日誌(2014年9月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ