1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2015年2月号(No.763)

『新聞研究』目次 2015年2月号(No.763)

新聞不信にどう向き合うか

新聞への信頼と新聞人の誇り──「真実と最善」求める格闘を

濱田 純一(東大)

信頼の回復と再生に向けて──「インテグリティー」意識し議論重ねる

西村 陽一(朝日)

記者教育と事前審査に注力──存在意義問われる事態に危機感

溝口  烈(読売東京)

安心、信頼、共感が広がる新聞へ──体質を自省し、不寛容な空気に抗する

小川  一(毎日東京)

「むさぼり読まれる」存在を目指して──読者の視線を受け止める

佐川 博之(秋田魁)

「低地」に立って県民とつながる──地方紙の覚悟と試み

佐藤  明(新潟)

地域に寄り添い、信頼を築く──風通しのよい職場づくりが重要

臼田 信行(中日)

新聞人の覚悟と力量が問われる──「ジャーナリズムとは」熟考を

遠矢 浩司(西日本)

〈資料〉朝日新聞社の検証組織と検討結果(編集部)

 安倍政権2年と総選挙

ぶれずに、手厚く、ひと目で──争点を読み解く経済紙の役割

菅野 幹雄(日経)

「くらし」に照準合わせ報じる──双方向性の活用に手ごたえ

金井 辰樹(東京)

「対中抑止論」の是非を問う──低関心のなか、重要性増す外交

斎藤  真(共同)

構造変化踏まえた政治報道を──メディアに残る55年体制

待鳥 聡史(京大)


「事故は起こり得る」を原点に──川内原発再稼働問題、幅広い意見を読者に提示

雪松 博明(南日本)

【2014年マスコミ関係判例回顧】
 適切な裏付け取材を求める──ネットとプライバシーめぐる判断例も

宍戸 常寿(東大)

〔メディアスコープ〕 自主規制の道を探る英新聞界──新組織「IPSO」の下で統一しきれず

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

連  載

〔ザ・ショット〕 驚きの瞬間を記録──Jリーグ初のGKヘディングゴール 

黒田 良太(山形)

〔世界メディア事情〕(中国) 統制下で繁栄するメディア──報道規制は洗練 

渡辺 陽介(共同)

〔大震災を風化させないために〕(第13回) 災害多発地域での新たな役割──密着度高め、人をつなぐ 

川路 善彦(宮崎日日)

〔特派員の日常から〕(ニューヨーク) くすぶり続ける人種差別──ファーガソン・黒人少年射殺事件を取材して 

黒沢  潤(産経)

〔前線記者〕 歴史的経緯を踏まえ見つめる──京都大構内の警官取り押さえ騒ぎを取材して 

高野 英明(京都)

〔わが支局 わが日々〕(福島民報・喜多方支社) 蔵とラーメン、地酒の街 

真田 裕久

随想

編集局の男厨 

吉川 達郎(サンスポ)

新幹線がやってくる 

末次 一郎(函館)

ターニングポイント 

桐山 圭司(岐阜)


〔データ&リサーチ〕  ①日刊紙の都道府県別発行部数と普及度(2014年)
              ②第51回全国新聞販売所従業員総数調査(2014年)
 

ブックレビュー 

新聞日誌(2014年12月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ