1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2016年1月号(No.774)

『新聞研究』目次 2016年1月号(No.774)

戦後70年報道を振り返る

戦争体験はどうすれば伝わるのか──「千の証言」での工夫とメディアの責任

砂間 裕之(毎日東京)

語り継ぐ使命を痛感──さらなる歴史発掘へ記者の素養が必要

柴田 文隆(読売東京)

記憶を解き放ち未来を考える──語られなかった思いを形にした意義

小市 昭夫(信濃毎日)

戦争とその後を被爆地の視点で検証──核の歴史を見つめ、地元紙のあり方を考える

山田 貴己(長崎)

「命どぅ宝」礎に不戦を継承──地続きの辺野古新基地に抗う県民とともに

松元  剛(琉球)

国策に翻弄された農家の戦後──古老の言葉かみしめ将来考える

鈴木 祐子(日本農業)

戦争体験者がいることの重み──「だまされた国民」の内面に迫る作業を

高木  忍(室蘭)

「花」を入り口にわが事として──読者の心に引っかかる言葉を伝える

木原 育子(東京)

資料調査を通じ「新たな声」聞く──証言を読み解き国家戦略を解明する

伊藤 王樹(NHK)

言葉詰まる姿に気づいた悲劇の本質──「節目」にとらわれず問い続けたい

川上 あすか(新潟)

「平和報道」の心情倫理と責任倫理──国際紛争に向き合う「9月ジャーナリズム」を

佐藤 卓己(京大)

「戦争」と「平和」の伝え方を考える──当事者意識を育てるために

伊藤  剛(アソボット)

「一介のジャーナリスト」からの出発を──新聞には100年単位の歴史観が必要

加藤 典洋(文芸評論家)

直視すべきネット発のイノベーション──新聞がもたらした欲望・感覚革命の行方

竹内  洋(関西大)

報道の役割と「死刑弁護」報告書

門戸を閉ざすことなく取材対応を──弁護人は最も重要な取材対象の一人

降幡 賢一(元朝日)

報道と刑事弁護人の温度差──日弁連の死刑弁護の方針をめぐって

森   炎(弁護士)


「会見でなくHP」打ち出した市長──〝風変わり〟では済まない深刻な問題

前川 茂之(神戸) 

連 載

〔世界メディア事情〕(米国) 信頼される新聞は主張ができる──民主主義を守るため

津山 恵子(在米ジャーナリスト)


〔ザ・ショット〕 立ち上る煙で現場特定──車乗り捨て自転車で

村上 俊介(岩手日報)

〔特派員の日常から〕(アメリカ総局) 米大統領選の現場から──過酷な試練、試される候補

佐藤 武嗣(朝日)

〔前線記者〕 「100年レベルの夢」を実感──国産旅客機MRJ初飛行を取材して

桐山 純平(中日)

〔困ったことば〕 3タテ──連勝? 連敗?

玉置  肇(日刊スポ)

〔わが支局 わが日々〕(奈良・橿原支局) 文化財の宝庫

竹内 稔人 

随 想

地元で当たり前でも 

星   匠(釧路)

有田焼400年に思う

坂田 勝次(佐賀)

博多うどん

藤  勝之(エフエム東京)


ブックレビュー

新聞日誌(2015年11月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ