1. 日本新聞協会トップページ
  2. 刊行物
  3. 新聞研究(月刊)
  4. 『新聞研究』目次 2016年7月号(No.780)

『新聞研究』目次 2016年7月号(No.780)

熊本地震への対応と報道

「新聞の出番」という気持ちで──地元紙として即応し、掘り下げる

山口 和也(熊本日日)

内陸地震への注意喚起に課題──科学報道の視点から

青木 慎一(日経)

現場の声くみ再建の本番へ──被災者が求める情報考え続ける

岩田 誠司(朝日西部)

伴走者としてこれからも──悩みながら被災者に向き合う

前田  淳(西日本)

「地域のために」を追求──大分・湯布院の被害と結束

指原 祐輔(大分合同)

読者の「役立ちたい」思いに応える──体験記で伝えたボランティアの実像

宮畑  譲(東京)

「起こり得る災害」を伝える──先進県が知るべき教訓を現地取材で

山本 淳樹(静岡)

BCPを初めて発動して──必要な情報を迅速確実に届けるために

吉塚 育史(読売西部)

人を支える、人が支える──「届ける現場」からの報告

林   茂(熊本日日)

学生たちの「震災とマスメディア」──被災地での評価と批判

鈴木 桂樹(熊本大)

公益通報者保護法をめぐって

「公益」と報道通報──求められる保護のあり方とは

浅岡 美恵(弁護士)

内部告発者にどう向き合うか──保護制度の望ましいあり方

桐山 桂一(東京)

報道活動が変えた行政の対応──「密告」視しない社会づくりも報道の課題

斉藤 隼人(河北)

人々が声上げられる社会を──テレビにおける調査報道の現場

住友 洋介(TBSテレビ)


慎重に取材重ねた「闇カジノ」報道──アスリート育成に警鐘鳴らす

小野田雄一(産経東京)

新聞読者、社会性の高さ目立つ──2015年全国メディア接触・評価調査の結果から

川原 信之(日経)

〔メディアスコープ〕 英政府の放送白書にみるBBCの将来像

中村 美子(NHK)

連 載

〔世界メディア事情〕(英国) 読者コメント欄の悪用を防ぐ──「ニュース・インパクト」会議で討議

小林 恭子(在英ジャーナリスト)

〔特派員の日常から〕 パルミラ遺跡 破壊の爪あと──シリア取材の危険・制約・意義

佐野  純(フジテレビ・ロンドン支局)

〔ザ・ショット〕 鋼材の下での救助──移動阻まれ配置に苦心

小林 伸哉(神戸)

〔前線記者〕 対話促す報道が重要──保育園建設断念問題を取材して

小林多美子(毎日東京)

〔困ったことば〕 今期──それとも今季?

佐々木守人(東奥)

〔わが支局 わが日々〕 山と暮らす

細野はるか(市民タイ)

随 想

名古屋の暑い夏

加藤 宏幸(中日)

弓道とノーベル賞

吉田 俊一(埼玉)

あれから5年……

齋藤  敬(読売テレビ)


ブックレビュー

新聞日誌(2016年5月)

定価864円(税込み、送料72円)
年間購読料10,368円(税込み、送料864円)

ページの先頭へ